漢数字の『五』を含む四字熟語 一覧 62種類|数字のついた言葉

漢数字の『五』を含む四字熟語 一覧 62種類|数字のついた言葉 漢字
スポンサーリンク

漢数字を使った四字熟語シリーズです。漢数字の『五』という字が入った四字熟語を一覧で紹介しています。座右の銘・目標・書き初め・スローガンの参考にいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

漢数字の『五』を含む四字熟語

 

四字熟語・読み方 意味
一五一十
いちごいちじゅう
最初から仕舞まで余すところ無く。(同)一伍一什(いちごいちじゅう)、一部始終(いちぶしじゅう)。
一発五豝
いっぱつごは
一度に沢山の獲物を手に入れること。
陰陽五行
いんようごぎょう
天地間の万物を造り出す陰・陽の二気と、天地の間に循環して万物を生じるもととなる水・火・木・金・土の五元素。
九寸五分
くすんごぶ
短刀やあいくちなどのことを指す。長さからの命名。
五噫之歌
ごいのうた
後漢の梁鴻(りょうこう)の故事の元になる歌。
五蘊皆空
ごうんかいくう
仏教で、存在を構成するものには実体がないことを言う。
五陰盛苦
ごおんじょうく
心身の働きが活発なために起こるさまざまな苦しみ。
五行相剋
ごぎょうそうこく
水・火・金・木・土の5つの根源要素が互いにちからを及ぼしてそれぞれがお互いに影響するという考え方。
五言絶句
ごげんぜっく
漢詩の近体詩の一形式。一句が五字で四句からなる。第二句、第四句の句末に韻を踏む。
五劫思惟
ごこうしゆい
最も優れた浄土の建設とその方法を考え、選びとることに限りなく長い時間をかけたということ。
五穀豊穣
ごこくほうじょう
穀物が豊かに実ること。
五穀豊登
ごこくほうとう
穀物が豊かに実ること。
五山十刹
ござんじっせつ
禅宗で最高格にある五寺と、それに次ぐ十寺を言う。日本では建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄妙寺の鎌倉五山、天竜寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺の京都五山が定着している。南禅寺を五山の上位に置く。
五色霜林
ごしきのそうりん
霜がふった後の林。晩秋の風景を表す言葉。
五色無主
ごしきむしゅ
恐怖から顔色がいろいろに変わる様子をいう。恐怖のあまりなすすべもないさま
六信五行
ろくしんごぎょう
イスラム教で信仰内容と神への奉仕活動を簡潔な箇条としたもの。
五十知命
ごじゅうちめい
天命を知ること。
五十展転
ごじゅうてんでん
法華経を聞くことの功徳をいう。
五十天命
ごじゅうてんめい
五十歳にしてやっと天から与えられた使命を自覚する事。
五趣生死
ごしゅしょうじ
仏教において、衆生がその業の結果として輪廻転生する5種の世界(地獄、餓鬼、畜生、人間、天上)のこと。

 

四字熟語・読み方 意味
五盛陰苦
ごじょうおんく
心身の働きが活発なために起こるさまざまな苦しみ。
五障三従
ごしょうさんじゅう
仏教で、女性に課せられているとされる五つの障害と三つの忍従をいう。「五障」は、女性は梵天、帝釈天、魔王、転輪聖王、仏の五種になれない障害があるということ。「三従」とは女性は幼くしては親に従い、嫁しては夫に従い、老いては子に従うべきだという考え。
五濁悪世
ごじょくあくせ
世の中に5つの濁りが現れて、災が起こる悪い時代。
五臓六腑
ごぞうろっぷ
内臓の総称。五臓は漢方で肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓の五つの内臓の事。六腑は大腸・小腸・胆嚢・胃・三焦(さんしょう:腹部の消化作用の事)・膀胱の6つの器官の事。一般に内臓すべて、からだ全体の意味。
鼯鼠五技
ごそごぎ
器用だが、どれも中途半端で役に立つものが無いこと。
梧鼠五技
ごそごぎ
器用だが、どれも中途半端で役に立つものが無いこと。
梧鼠五能
ごそごのう
器用だが、どれも中途半端で役に立つものが無いこと。
鼯鼠五能
ごそごのう
器用だが、どれも中途半端で役に立つものが無いこと。
五体投地
ごたいとうち
仏教での最高の拝礼。頭と両手、両足を地面につけて行う拝礼。
五風十雨
ごふうじゅうう
気候が極めて順調な事。豊年満作の兆し。世の中が平和なたとえ。
五分五分
ごぶごぶ
互角であること。互いに優劣や遜色のないこと。
五方雑厝
ごぼうざっさく
あらゆる地方のたとえ。
五方雑処
ごほうざっしょ
あらゆる地方のたとえ。
五里霧中
ごりむちゅう
物事の手掛かりがつかめない状態。見通しや方針の立たない状態。
五倫五常
ごりんごじょう
儒教で、人として守るべき道徳をいう。
五倫十起
ごりんじっき
どんな公平な人でも私心はあることのたとえ。
五輪著地
ごりんじゃくち
頭と両ひじ、両ひざを地面につけて行う拝礼。
三綱五常
さんこうごじょう
人が守るべき三つの根本的な道徳と常に行うべき五つの道。「三綱」は君臣・父子・夫婦の関係の道徳、「五常」は仁・義・礼・智・信の道義をいう。
三々五々
さんさんごご
ばらばらと。ちらほらと。数人ずつかたまって道を行く様。
三令五申
さんれいごしん
くどくどと言い聞かす事。

 

四字熟語・読み方 意味
三老五更
さんろうごこう
徳の高い長老。
四散五裂
しさんごれつ
ばらばらに分裂すること。
四肢五体
ししごたい
全身のたとえ。
四捨五入
ししゃごにゅう
近似値を求める際に、端数の4以下を切り捨てて5以上を切り上げる方法
四書五経
ししょごきょう
聖人や賢人の言行や教えなどを記した儒教の聖典。四書は大学・中庸・論語・孟子。五経は易経・詩経・書経・春秋・礼記(らいき)を言う。
四通五達
しつうごたつ
どの方角にも道が通じていること。
十誡五倫
じっかいごりん
キリスト教の十の戒律と、儒教の人として守るべき五つの道。
十風五雨
じっぷうごう
(同)十風五雨(じゅうふうごう)。
四分五割
しぶんごかつ
ばらばらに分裂すること。
四分五剖
しぶんごぼう
ばらばらに分裂すること。
四分五落
しぶんごらく
ばらばらに分裂すること。
四分五裂
しぶんごれつ
ばらばらに分裂すること。
七五三縄
しめなわ
神前や神事の場所に張る縄。
十悪五逆
じゅうあくごぎゃく
十の悪業と五の逆罪。ありとあらゆる悪行
十逆五悪
じゅうぎゃくごあく
十の逆罪と五の悪業。ありとあらゆる悪行
十五志学
じゅうごしがく
十五歳で学問の道に志す。
十風五雨
じゅうふうごう
(同)五風十雨(ごふうじゅうう)。
天上五衰
てんじょうごすい
仏教用語で、六道最高位の天界にいる天人が、長寿の末に迎える死の直前に現れる5つの兆しのこと。
天人五衰
てんにんのごすい
仏教用語で、六道最高位の天界にいる天人が、長寿の末に迎える死の直前に現れる5つの兆しのこと。
敦煌五竜
とんこうごりゅう
用例『敦煌五竜の評判』。(同)敦煌五竜(とんこうごりょう)。

 

四字熟語・読み方 意味
馬氏五常
ばしごじょう
兄弟がそろって優秀なこと。(同)馬氏五常(ばしのごじょう)。
目迷五色
もくめいごしき
見かけに惑わされて実態が見えないこと。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました