スポンサーリンク

幻想的・神秘的な綺麗でかっこいい言葉【113種類】|日本の美しい言葉

幻想的・神秘的な綺麗でかっこいい言葉 一覧|日本の美しい言葉 日本語
スポンサーリンク

文字の幻想的・神秘的な綺麗でかっこいい言葉

  1. 御阿礼【みあれ】
    神または貴人の誕生やご来臨のこと。
  2. 阿修羅【あしゅら】
    争いを好むインドの鬼神。悪鬼。
  3. 逢魔時【おうまがとき】
    昼と夜の間の薄暗いとき。
  4. 異次元【いじげん】
    次元の異なる世界。
  5. 磯馴松【そなれまつ】
    強い海風で磯に低くなびき傾いて生えている松。
  6. 一文字【いちもんじ】
    「一」という字のように真っ直ぐなこと。
  7. 益荒男【ますらお】
    猛々しく勇ましい男。
  8. 幾星霜【いくせいそう】
    苦労をして経た長い年月。
  9. 黒南風【くろはえ】
    梅雨の初めに吹く南風。
  10. 四天王【してんのう】
    仏教の四人の守護神。東方の持国天、西方の広目天、南方の増長天、北方の多聞天。
  11. 時分時【じぶんどき】
    その物事にふさわしい時刻で、特に食事の時刻のこと。
  12. 十六夜【いざよい】
    陰暦で、毎月16日の夜。また、その夜の月。
  13. 春爛漫【はるらんまん】
    春の気配があたりに広がって、あざやかに輝いている様子。
  14. 新天地【しんてんち】
    新しい世界、場所・環境のこと。
  15. 神無月【かんなづき】
    旧暦で10月のこと。10月に日本中の神様が、出雲の国(島根県)に集まり会議を開くため、他の国に神様が居なくなってしまうことからそう呼ばれた。
  16. 垂り雪【しずりゆき】
    木の枝から滑り落ちてくる雪片。
  17. 雪月花【せつげつか】
    雪・月・花という自然の美しい景物を指すことば。
  18. 蝉時雨【せみしぐれ】
    たくさんの蝉が一斉に鳴く声を時雨の降る音に見立てたことば。
  19. 創造神【そうぞうしん】
    神話や宗教で、世界または宇宙、あるいは生命や人間を創造したとされる神。



  1. 堕天使【だてんし】
    高慢や嫉妬がために神に反逆し、罰せられて天界を追放された天使や堕落し、神から離反した天使。
  2. 大紅蓮【だいぐれん】
    大きな炎。 大きな赤色の蓮華。
  3. 天地人【てんちじん】
    世界を形成する要素としての天と地と人。万物。
  4. 凍玻璃【いてはり】
    凍ったようなガラス。
  5. 桃源郷【とうげんきょう】
    俗界を離れた他界・仙境。理想郷。
  6. 破天荒【はてんこう】
    型破りな行い。前代未聞で奇抜な行跡。
  7. 婆娑羅【ばさら】
    遠慮なく、勝手に振る舞うこと。
  8. 不知火【しらぬい】
    八代海や有明海で旧暦8月1日前後に現れる蜃気楼の一種。九州に伝わる妖怪。
  9. 芙蓉峰【ふようほう】
    富士山の異称。
  10. 摩天楼【まてんろう】
    天に届くほどの壮大な建築物。超高層建築。
  11. 夢見草【ゆめみぐさ】
    桜の異称。
  12. 鳴神月【なるかみづき】
    陰暦6月の異称。雷鳴が多い月であることから。
  13. 夕影草【ゆうかげぐさ】
    夕日の光の中に見える草。
  14. 理想郷【りそうきょう】
    現実には存在しない理想の土地。
  15. 朧月夜【おぼろづきよ】
    春の夜に月がほのかに霞んでいる情景を指す言葉。
  16. 綺羅星【きらぼし】
    空にきらきらと輝く星。美しく立派なもの。
  17. 蜃気楼【しんきろう】
    熱交換によって大気中の光が屈折し、幻影が見える現象。
  18. 霹靂神【はたたがみ】
    激しい雷。雷神。
  19. 韋駄天【いだてん】
    仏法守護の俊足の神。転じて、とても早く走る人。
  20. 麒麟児【きりんじ】
    将来、大成する期待が持てる非常に優秀な少年。

コメント

タイトルとURLをコピーしました