『ま』から始まる言葉 一覧

『ま』から始まる言葉 一覧 一覧
スポンサーリンク

 

『ま』から始まる言葉 を一覧で紹介しています。1文字、2文字、3文字、4文字、5文字、6文字以上にわけてまとめています。「言葉探し」や「しりとり」などの参考にご活用ください。

 

~から始まる言葉 一覧 - あ~わ、が~ぽ まで68音
~から始まる言葉 を一覧で紹介しています。1文字、2文字、3文字、4文字、5文字、6文字以上にわけてまとめています。「あ~わ」までと濁点のつく「が~ぽ」まで全68音。

 

スポンサーリンク

『ま』から始まる言葉 一覧

 

1文字の『ま』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
【間】

 

2文字の『ま』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
まあ 【まあ】
まい 【まい】
まい 【枚】
まい 【毎】
まい 【舞】
まう 【眩う】
まう 【舞う】
まえ 【前】
まき 【巻】
まき 【巻き】
まき 【槇】
まき 【真木】
まき 【薪】
まく 【任く】
まく 【巻く】
まく 【幕】
まく 【捲く】
まく 【撒く】
まく 【播く】
まく 【膜】
まく 【蒔く】
まく 【設く】
まけ 【負け】
まげ 【髷】
まご 【孫】
まご 【馬子】
まし 【まし】
まし 【増し】
まじ 【まじ】
ます 【ます】
ます 【升】
ます 【増す】
ます 【枡】
ます 【益す】
ます 【鱒】
まず 【まず】
まず 【先ず】
また 【また】
また 【亦】
また 【又】
また 【叉】
また 【復】
また 【股】
まだ 【未だ】
まち 【町】
まち 【街】
まっ 【真っ】
まつ 【待つ】
まつ 【松】
まで 【迄】
まと 【的】
まど 【窓】
まな 【真名】
まね 【真似】
まひ 【痲痺】
まひ 【麻痺】
まぶ 【間夫】
まま 【儘】
まま 【継】
まま 【間間】
まま 【飯】
まみ 【目見】
まみ 【魔魅】
まめ 【忠実】
まめ 【肉刺】
まめ 【豆】
まゆ 【眉】
まゆ 【繭】
まら 【魔羅】
まり 【毬】
まり 【鞠】
まる 【丸】
まる 【円】
まれ 【稀】
まん 【万】
まん 【真ん】

3文字の『ま』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
まあい 【間合】
まあい 【間合い】
まあじ 【真鰺】
まいき 【毎期】
まいこ 【舞妓】
まいこ 【舞子】
まいご 【迷児】
まいご 【迷子】
まいじ 【毎次】
まいす 【売僧】
まいど 【毎度】
まいよ 【毎夜】
まいる 【参る】
まうえ 【真上】
まえば 【前歯】
まえん 【魔縁】
まおう 【魔王】
まかい 【魔界】
まかす 【任す】
まかす 【委す】
まかす 【負かす】
まかず 【間数】
まかぜ 【魔風】
まかり 【罷り】
まかる 【負かる】
まがい 【紛い】
まがう 【紛う】
まがお 【真顔】
まがき 【籬】
まがし 【間貸し】
まがな 【真仮名】
まがも 【真鴨】
まがり 【曲がり】
まがり 【曲り】
まがり 【間借り】
まがる 【曲がる】
まがる 【曲る】
まきえ 【まき絵】
まきえ 【まき餌】
まきえ 【撒餌】
まきえ 【蒔絵】
まきげ 【巻き毛】
まきげ 【巻毛】
まきば 【牧場】
まぎる 【間切る】
まぎれ 【紛れ】
まぎわ 【真際】
まぎわ 【間際】
まくつ 【魔窟】
まくや 【幕屋】
まくら 【枕】
まくり 【海人草】
まくる 【捲る】
まぐさ 【秣】
まぐそ 【馬糞】
まぐち 【間口】
まぐろ 【鮪】
まぐわ 【馬鍬】
まける 【負ける】
まげて 【枉げて】
まげる 【曲げる】
まげる 【枉げる】
まこと 【実】
まこと 【真】
まこと 【誠】
まこも 【真菰】
まごい 【真鯉】
まごこ 【孫子】
まさか 【まさか】
まさき 【柾】
まさき 【正木】
まさご 【真砂】
まさつ 【摩擦】
まさに 【正に】
まさめ 【柾目】
まさめ 【正目】
まさる 【優る】
まさる 【勝る】
まさる 【増さる】
まざる 【交ざる】
まざる 【混ざる】
まざる 【雑る】
ました 【真下】
まして 【まして】
まして 【増して】
まして 【況して】
ましゅ 【魔手】
ましん 【痲疹】
ましん 【麻疹】
まじめ 【真面目】
まじょ 【魔女】
まじり 【交じり】
まじり 【混じり】
まじり 【雑り】
まじる 【交じる】
まじる 【混じる】
まじる 【雑じる】
まじん 【魔神】
ますい 【痲酔】
ますい 【麻酔】
ますめ 【升目】
ますめ 【枡目】
まする 【摩する】
まずい 【不味い】
まずい 【拙い】
まずは 【まずは】
まずは 【先ずは】
まずる 【まずる】
ませる 【ませる】
まぜる 【交ぜる】
まぜる 【混ぜる】
まぜる 【雑ぜる】
またぎ 【またぎ】
またぎ 【叉木】
またぎ 【股木】
またぐ 【跨ぐ】
またと 【またと】
またと 【又と】
または 【または】
または 【又は】
まだい 【真鯛】
まだい 【間代】
まだき 【まだき】
まだけ 【真竹】
まだら 【斑】
まだれ 【麻垂れ】
まちぎ 【町着】
まちぎ 【街着】
まちや 【町家】
まちや 【町屋】
まぢか 【間近】
まっか 【真っ赤】
まっき 【末期】
まっし 【末子】
まっせ 【末世】
まった 【待った】
まっぱ 【末派】
まつい 【末位】
まつぎ 【末技】
まつげ 【睫】
まつげ 【睫毛】
まつざ 【末座】
まつじ 【末寺】
まつば 【松葉】
まつび 【末尾】
まつり 【祭】
まつり 【祭り】
まつる 【祭る】
まつる 【纏る】
まつろ 【末路】
まとい 【纏】
まとう 【纏う,絡う】
まとう 【纏う】
まとも 【正面】
まとも 【真面】
まどい 【惑い】
まどう 【惑う】
まどう 【魔道】
まどお 【間遠】
まどか 【円か】
まどべ 【窓辺】
まどり 【間取】
まどり 【間取り】
まなこ 【眼】
まなつ 【真夏】
まなび 【学び】
まなぶ 【学ぶ】
まぬけ 【間抜け】
まねき 【招き】
まねく 【招く】
まねる 【真似る】
まのび 【間延び】
まひる 【真昼】
まびき 【間引】
まびき 【間引き】
まびく 【間引く】
まふゆ 【真冬】
まぶか 【目深】
まぶし 【蔟】
まぶす 【塗す】
まぶた 【瞼】
まぶち 【目縁】
まほう 【魔法】
ままこ 【まま子】
ままこ 【まま粉】
ままこ 【継子】
ままよ 【ままよ】
まみず 【真水】
まみれ 【塗れ】
まむき 【真向き】
まむし 【真蒸し】
まむし 【蝮】
まめつ 【摩滅】
まめつ 【磨滅】
まもう 【摩耗】
まもう 【磨耗】
まもの 【真物】
まもの 【魔物】
まもり 【守り】
まもる 【守る】
まもる 【衛る】
まもる 【護る】
まやく 【麻薬】
まゆげ 【眉毛】
まゆね 【眉根】
まゆみ 【檀】
まよい 【迷い】
まよう 【迷う】
まよけ 【魔よけ】
まよけ 【魔除け】
まよこ 【真横】
まりも 【毬藻】
まるい 【丸い】
まるい 【円い】
まるき 【丸木】
まるた 【丸太】
まるで 【まるで】
まるで 【丸で】
まるみ 【丸み】
まるみ 【円み】
まわし 【回し】
まわし 【廻し】
まわす 【回す】
まわす 【廻す】
まわり 【周り】
まわり 【回り】
まわり 【廻り】
まわる 【回る】
まわる 【廻る】
まんが 【漫画】
まんき 【満期】
まんご 【漫語】
まんざ 【満座】
まんと 【満都】
まんば 【慢罵】
まんば 【漫罵】
まんぽ 【漫歩】
まーち 【マーチ】

4文字の『ま』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
まあまあ 【まあまあ】
まいあさ 【毎朝】
まいかい 【毎回】
まいきょ 【枚挙】
まいげつ 【毎月】
まいこつ 【埋骨】
まいこむ 【舞い込む】
まいこむ 【舞込む】
まいごう 【毎号】
まいしん 【邁進】
まいすう 【枚数】
まいせつ 【埋設】
まいそう 【埋葬】
まいそう 【昧爽】
まいぞう 【埋蔵】
まいちる 【舞い散る】
まいった 【参った】
まいとし 【毎年】
まいない 【賂】
まいない 【賄】
まいにち 【毎日】
まいばん 【毎晩】
まいひめ 【舞姫】
まいふく 【埋伏】
まいぼつ 【埋没】
まいまい 【毎毎】
まいまい 【舞い舞い】
まいゆう 【毎夕】
まいわし 【真鰯】
まうしろ 【真後ろ】
まえあき 【前開き】
まえあし 【前肢】
まえあし 【前脚】
まえあし 【前足】
まえうり 【前売り】
まえおき 【前置】
まえおき 【前置き】
まえかけ 【前掛】
まえかけ 【前掛け】
まえかた 【前方】
まえがき 【前書】
まえがき 【前書き】
まえがし 【前貸し】
まえがみ 【前髪】
まえがり 【前借り】
まえきん 【前金】
まえぎり 【前桐】
まえせつ 【前説】
まえだて 【前立】
まえだて 【前立て】
まえだれ 【前垂】
まえだれ 【前垂れ】
まえづけ 【前付け】
まえはば 【前幅】
まえばり 【前張り】
まえばり 【前貼り】
まえぶれ 【前触れ】
まえまえ 【前前】
まえみつ 【前褌】
まえむき 【前向き】
まえやく 【前厄】
まおとこ 【間男】
まかせる 【任せる】
まかせる 【委ねる】
まかない 【賄い】
まかなう 【賄う】
まがえる 【紛える】
まがたま 【まが玉】
まがたま 【勾玉】
まがたま 【曲玉】
まがりや 【曲がり屋】
まがりや 【曲り屋】
まきあみ 【巻き網】
まきあみ 【巻網】
まきあみ 【旋網】
まきがい 【巻き貝】
まきがい 【巻貝】
まきがみ 【巻き髪】
まきがみ 【巻紙】
まきがり 【巻き狩り】
まきがり 【巻狩】
まきぐも 【巻き雲】
まきぐも 【巻雲】
まきこむ 【巻き込む】
まきこむ 【巻込む】
まきこむ 【捲込む】
まきじた 【巻き舌】
まきじた 【巻舌】
まきずし 【巻きずし】
まきずし 【巻鮨】
まきぞえ 【巻き添え】
まきぞえ 【巻添え】
まきつく 【巻き付く】
まきつく 【巻付く】
まきつけ 【まき付け】
まきつけ 【播付け】
まきつけ 【蒔付け】
まきとる 【巻き取る】
まきひげ 【巻きひげ】
まきひげ 【巻鬚】
まきびん 【巻鬢】
まきもの 【巻物】
まきゅう 【魔球】
まきょう 【魔境】
まきわら 【巻き藁】
まきわり 【まき割り】
まきわり 【薪割】
まぎゃく 【間逆】
まぎらす 【紛らす】
まぎれる 【紛れる】
まくあい 【幕あい】
まくあい 【幕間】
まくあき 【幕開き】
まくあけ 【幕開け】
まくうち 【幕内】
まくぎれ 【幕切れ】
まくした 【幕下】
まくしつ 【膜質】
まくじり 【幕尻】
まくひき 【幕引】
まくひき 【幕引き】
まくらえ 【枕絵】
まくらが 【枕香】
まくらぎ 【枕木】
まくらべ 【枕辺】
まくれる 【捲れる】
まぐちゃ 【鮪茶】
まぐわい 【まぐわい】
まけいぬ 【負け犬】
まけいぬ 【負犬】
まけいろ 【負け色】
まけいろ 【負色】
まけぐみ 【負け組】
まけこす 【負け越す】
まけこす 【負越す】
まけばら 【負け腹】
まけぼし 【負け星】
まけぼし 【負星】
まけんき 【負けん気】
まげもの 【まげ物】
まげもの 【曲げ物】
まげもの 【髷物】
まごうけ 【孫請け】
まごころ 【真心】
まごつく 【まごつく】
まごでし 【孫弟子】
まごのて 【孫の手】
まごびき 【孫引】
まごびき 【孫引き】
まごまご 【まごまご】
まさかり 【鉞】
まさぐる 【まさぐる】
まさしく 【正しく】
まさむね 【正宗】
まさゆめ 【正夢】
まざまざ 【まざまざ】
ましかく 【真四角】
まします 【まします】
ましみず 【真清水】
ましゃく 【間尺】
ましょう 【魔性】
ましょう 【魔瘴】
ましらが 【真白髪】
まじえる 【交える】
まじきり 【間仕切】
まじきり 【間仕切り】
まじない 【呪い】
まじなう 【呪う】
まじゅつ 【魔術】
まじらい 【交じらい】
まじりけ 【交じりけ】
まじりけ 【混じりけ】
まじろぐ 【瞬ぐ】
まじわり 【交わり】
まじわる 【交わる】
ますがた 【升形】
ますがた 【枡形】
ますぐみ 【升組】
ますぐみ 【升組み】
ますぐみ 【枡組】
ますざけ 【升酒】
ますせき 【升席】
ますせき 【枡席】
ますはな 【増す花】
ますます 【ますます】
ますます 【益益】
ますらお 【丈夫】
ますらお 【益荒男】
まずしい 【貧しい】
まずまず 【まずまず】
まずまず 【先ず先ず】
ませがき 【ませ垣】
ませがき 【籬垣】
まぜおり 【交ぜ織り】
まぜおり 【交織】
まぜがき 【交ぜ書き】
まぜこぜ 【まぜこぜ】
まぜもの 【交ぜ物】
まぜもの 【混ぜ物】
またがし 【又貸し】
またがみ 【股上】
またがり 【又借り】
またがる 【跨る】
またぎき 【又聞き】
またぐら 【股ぐら】
またぐら 【股座】
またした 【股下】
またずれ 【股擦れ】
またせる 【待たせる】
またぞろ 【またぞろ】
またぞろ 【又ぞろ】
またたく 【瞬く】
またたび 【木天蓼】
またたび 【股旅】
またなし 【又無し】
またのな 【又の名】
またのひ 【又の日】
またまた 【またまた】
またまた 【又又】
またまで 【真玉手】
またもや 【またもや】
またもや 【又もや】
またわり 【股割り】
まだしも 【まだしも】
まだしも 【未だしも】
まだまだ 【まだまだ】
まだまだ 【未だ未だ】
まだるい 【まだるい】
まちあい 【待合】
まちあい 【待合い】
まちかた 【町方】
まちかど 【町角】
まちかど 【街角】
まちがい 【間違い】
まちがう 【間違う】
まちがお 【待ち顔】
まちごえ 【待ち肥】
まちすじ 【町筋】
まちどお 【待ち遠】
まちどお 【待遠】
まちなか 【町中】
まちなみ 【町並】
まちなみ 【町並み】
まちばり 【待ち針】
まちばり 【待針】
まちびと 【待ち人】
まちぶせ 【待ち伏せ】
まちぶせ 【待伏せ】
まちまち 【区区】
まぢかい 【間近い】
まっかん 【末巻】
まっくら 【真っ暗】
まっくろ 【真っ黒】
まっこう 【抹香】
まっこう 【真っ向】
まっさお 【真っ青】
まっさき 【真っ先】
まっさつ 【抹殺】
まっさら 【真っさら】
まっさら 【真新】
まっしゃ 【末社】
まっしろ 【真っ白】
まっすぐ 【まっすぐ】
まっすぐ 【真っ直】
まっせき 【末席】
まっせつ 【末節】
まっそん 【末孫】
まったい 【全い】
まったく 【全く】
まったり 【まったり】
まったん 【末端】
まっちゃ 【抹茶】
まってい 【末弟】
まっとう 【まっとう】
まっとう 【真っ当】
まっぱい 【末輩】
まっぴつ 【末筆】
まっぴら 【まっぴら】
まっぴら 【真っ平】
まっぽう 【末法】
まつえい 【末裔】
まつかさ 【松かさ】
まつかさ 【松笠】
まつかぜ 【松風】
まつがく 【末学】
まつじつ 【末日】
まつじょ 【末女】
まつすぎ 【松過ぎ】
まつぜみ 【松蝉】
まつたけ 【松茸】
まつだい 【末代】
まつなん 【末男】
まつねん 【末年】
まつばき 【真椿】
まつばら 【松原】
まつぶさ 【真具】
まつぶん 【末文】
まつまい 【末妹】
まつむし 【松虫】
まつやに 【松やに】
まつやに 【松脂】
まつよい 【待つ宵】
まつよい 【待宵】
まつよう 【末葉】
まつわる 【纏わる】
まてがい 【馬刀貝】
まとまる 【纏まる】
まとめる 【纏める】
まどおい 【間遠い】
まどかけ 【窓掛】
まどかけ 【窓掛け】
まどぎわ 【窓際】
まどぐち 【窓口】
まどやか 【円やか】
まどろむ 【微睡む】
まどわく 【窓枠】
まどわす 【惑わす】
まないた 【まな板】
まないた 【俎】
まないた 【俎板】
まないた 【真魚板】
まなかい 【目交】
まなかい 【眼間】
まなざし 【目差し】
まなざし 【眼差し】
まなじり 【眥】
まなじり 【眦】
まなつび 【真夏日】
まなづる 【真名鶴】
まなづる 【真鶴】
まなでし 【まな弟子】
まなでし 【愛弟子】
まなびや 【学舎】
まにあう 【間に合う】
まにまに 【まにまに】
まぬるい 【間鈍い】
まねごと 【まね事】
まねごと 【真似事】
まばしら 【間柱】
まばゆい 【目映い】
まばゆい 【眩い】
まびさし 【目庇】
まびさし 【眉庇】
まぶしい 【眩しい】
まぼろし 【幻】
ままおや 【まま親】
ままおや 【継親】
ままごと 【飯事】
まましい 【継しい】
ままちち 【まま父】
ままちち 【継父】
ままはは 【まま母】
ままはは 【継母】
まみあな 【狸穴】
まみえる 【見える】
まみれる 【塗れる】
まむかい 【真向い】
まむかい 【真向かい】
まむすび 【真結び】
まめいた 【豆板】
まめかす 【豆かす】
まめかす 【豆粕】
まめがら 【豆がら】
まめがら 【豆幹】
まめぞう 【豆蔵】
まめたん 【豆炭】
まめほん 【豆本】
まめまき 【豆まき】
まめまき 【豆撒】
まめまき 【豆蒔】
まめやか 【忠実やか】
まもなく 【まもなく】
まもなく 【間も無く】
まやかし 【まやかし】
まやかす 【まやかす】
まゆぎわ 【眉際】
まゆじり 【眉尻】
まゆずみ 【眉墨】
まゆずみ 【黛】
まゆだま 【繭玉】
まゆはき 【繭掃き】
まよなか 【真夜中】
まよわす 【迷わす】
まりょく 【魔力】
まるあげ 【丸揚】
まるあげ 【丸揚げ】
まるうち 【丸打】
まるうち 【丸打ち】
まるえり 【丸襟】
まるおび 【丸帯】
まるがり 【丸刈】
まるがり 【丸刈り】
まるきり 【丸きり】
まるくび 【丸首】
まるぐけ 【丸ぐけ】
まるぐけ 【丸絎】
まるごし 【丸腰】
まるごと 【丸ごと】
まるざい 【丸材】
まるぞめ 【丸染】
まるぞめ 【丸染め】
まるぞん 【丸損】
まるだし 【丸出し】
まるづけ 【丸漬】
まるづけ 【丸漬け】
まるどり 【丸取り】
まるなげ 【丸投げ】
まるのみ 【丸のみ】
まるのみ 【丸呑み】
まるのみ 【丸飲み】
まるはば 【丸幅】
まるほん 【丸本】
まるぼし 【丸干し】
まるまげ 【丸まげ】
まるまげ 【丸髷】
まるまど 【丸窓】
まるまど 【円窓】
まるまる 【丸まる】
まるまる 【丸丸】
まるみえ 【丸見え】
まるむぎ 【丸麦】
まるめる 【丸める】
まるもじ 【丸文字】
まるやき 【丸焼】
まるやき 【丸焼き】
まるやけ 【丸焼け】
まれまれ 【希希】
まれまれ 【稀稀】
まろがす 【転がす】
まんいち 【万一】
まんいん 【満員】
まんえつ 【満悦】
まんえん 【蔓延】
まんかい 【満開】
まんかん 【満干】
まんがく 【満額】
まんがん 【万巻】
まんがん 【満貫】
まんがん 【満願】
まんきつ 【満喫】
まんきん 【万金】
まんきん 【万鈞】
まんぎん 【漫吟】
まんくう 【満腔】
まんげつ 【満月】
まんげん 【万言】
まんげん 【漫言】
まんごう 【万劫】
まんさい 【満載】
まんさく 【満作】
まんさん 【蹣跚】
まんざい 【万歳】
まんざい 【漫才】
まんざら 【まんざら】
まんざら 【満更】
まんざん 【満山】
まんしつ 【満室】
まんしゃ 【満車】
まんしん 【慢心】
まんしん 【満身】
まんすい 【満水】
まんせい 【慢性】
まんせい 【蔓生】
まんせき 【満席】
まんぜん 【万全】
まんぜん 【漫然】
まんぞく 【満足】
まんたく 【満卓】
まんだら 【曼荼羅】
まんだら 【曼陀羅】
まんだん 【漫談】
まんてい 【満廷】
まんてん 【満天】
まんてん 【満点】
まんどう 【万灯】
まんどう 【満堂】
まんなか 【真ん中】
まんにん 【万人】
まんねん 【万年】
まんのう 【万能】
まんぱい 【満杯】
まんぱん 【満帆】
まんびき 【万引】
まんびき 【万引き】
まんぴつ 【漫筆】
まんぶん 【漫文】
まんぷく 【万福】
まんぷく 【満幅】
まんぷく 【満腹】
まんぼう 【翻車魚】
まんまえ 【真ん前】
まんまく 【幔幕】
まんまと 【まんまと】
まんまる 【真ん丸】
まんまん 【満満】
まんまん 【漫漫】
まんめん 【満面】
まんもく 【満目】
まんゆう 【漫遊】
まんりき 【万力】
まんるい 【満塁】
まーらー 【麻辣】
まんろく 【満録】

5文字の『ま』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
まいあがる 【舞い上がる】
まいあがる 【舞上がる】
まいおうぎ 【舞扇】
まいおちる 【舞い落ちる】
まいおちる 【舞落ちる】
まいおりる 【舞い降りる】
まいおりる 【舞降りる】
まいくるう 【舞い狂う】
まいくるう 【舞狂う】
まいごふだ 【迷子札】
まいしゅう 【毎週】
まいしょく 【毎食】
まいすがた 【舞姿】
まいもどる 【舞い戻る】
まいもどる 【舞戻る】
まえいわい 【前祝】
まえいわい 【前祝い】
まえうしろ 【前後ろ】
まえかがみ 【前屈み】
まえがしら 【前頭】
まえくづけ 【前句付け】
まえげいき 【前景気】
まえこごみ 【前こごみ】
まえさがり 【前下がり】
まえさばき 【前さばき】
まえさばき 【前捌き】
まえじらせ 【前知らせ】
まえずもう 【前相撲】
まえだおし 【前倒し】
まえのめり 【前のめり】
まえばらい 【前払い】
まえみごろ 【前身頃】
まえもって 【前もって】
まえもって 【前以て】
まえわたし 【前渡し】
まかふしぎ 【摩訶不思議】
まかりでる 【まかり出る】
まかりでる 【罷り出る】
まがいぶつ 【摩崖仏】
まがいぶつ 【磨崖仏】
まがいもの 【まがい物】
まがいもの 【紛物】
まがりかど 【曲がり角】
まがりかど 【曲り角】
まがりがね 【曲がり金】
まがりがね 【曲り金】
まがりなり 【曲がりなり】
まがりなり 【曲りなり】
まきあげる 【巻き上げる】
まきあげる 【巻き揚げる】
まきあげる 【巻上げる】
まきあげる 【巻揚げる】
まきおこす 【巻き起こす】
まきおこす 【巻起す】
まきおとし 【巻き落とし】
まきおとし 【巻落し】
まきかえす 【巻き返す】
まきかえす 【巻返す】
まきじゃく 【巻き尺】
まきじゃく 【巻尺】
まきたばこ 【巻きたばこ】
まきたばこ 【巻煙草】
まきちらす 【まき散らす】
まきちらす 【撒き散らす】
まきつける 【巻き付ける】
まきつける 【巻付ける】
まきもどす 【巻き戻す】
まきもどす 【巻戻す】
まぎらかす 【紛らかす】
まぎらせる 【紛らせる】
まぎらわす 【紛らわす】
まぎれこむ 【紛れ込む】
まくがあく 【幕が開く】
まくしもく 【膜翅目】
まくとなる 【幕となる】
まくのうち 【幕の内】
まくらがみ 【枕上】
まくらする 【枕する】
まくらもと 【枕元】
まくらもと 【枕許】
まぐわうり 【甜瓜】
まけいくさ 【負け戦】
まけいくさ 【負戦】
まけおしみ 【負け惜しみ】
まけおしみ 【負惜しみ】
まけぎらい 【負け嫌い】
まけぎらい 【負嫌い】
まけのこり 【負け残り】
まけのこり 【負残り】
まことがお 【実顔】
まごびさし 【孫びさし】
まごびさし 【孫庇】
まごびさし 【孫廂】
まごむすめ 【孫娘】
まさつおん 【摩擦音】
まさめがみ 【正目紙】
まさりがお 【勝り顔】
まざりもの 【交ざり物】
まざりもの 【混ざり物】
まざりもの 【雑り物】
まじまじと 【まじまじと】
まじょがり 【魔女狩り】
まじりもの 【交じり物】
まじりもの 【混じり物】
まずもって 【まずもって】
まずもって 【先ず以て】
まぜかえす 【混ぜ返す】
まぜかえす 【雑ぜ返す】
まぜごはん 【交ぜ御飯】
またいとこ 【又いとこ】
またいとこ 【又従兄弟】
またいとこ 【又従姉妹】
またうつし 【又写し】
またげらい 【又家来】
またしても 【またしても】
またしても 【又しても】
またたくま 【瞬く間】
まただのみ 【又頼み】
またどなり 【又隣】
またひばち 【股火鉢】
まだらゆき 【まだら雪】
まだらゆき 【斑雪】
まちあかす 【待ち明かす】
まちあかす 【待明す】
まちあかり 【街明かり】
まちあかり 【街明り】
まちあぐむ 【待ちあぐむ】
まちいしゃ 【街医者】
まちうける 【待ち受ける】
まちうける 【待受ける】
まちおこし 【町興し】
まちおこし 【町起こし】
まちかねる 【待ち兼ねる】
まちかねる 【待兼ねる】
まちがえる 【間違える】
まちくらす 【待ち暮らす】
まちくらす 【待暮す】
まちこうば 【町工場】
まちしゅう 【町衆】
まちじかん 【待ち時間】
まちじかん 【待時間】
まちつける 【待ちつける】
まちのぞむ 【待ち望む】
まちのぞむ 【待望む】
まちはずれ 【町外れ】
まちびけし 【町火消】
まちびけし 【町火消し】
まちぼうけ 【待ちぼうけ】
まちぼうけ 【待惚け】
まちやくば 【町役場】
まちやっこ 【町奴】
まちわびる 【待ちわびる】
まちわびる 【待侘びる】
まっさかり 【真っ盛り】
まっしぐら 【まっしぐら】
まっしょう 【抹消】
まっしょう 【末梢】
まっぱだか 【真っ裸】
まっぴるま 【真っ昼間】
まっぷたつ 【真っ二つ】
まつかざり 【松飾】
まつかざり 【松飾り】
まつけむし 【松毛虫】
まつのはな 【松の花】
まつぼくり 【松ぼくり】
まつりこむ 【祭りこむ】
まつりごと 【政】
まつりゅう 【末流】
まてんろう 【摩天楼】
まとはずれ 【的外れ】
まどあかり 【窓明かり】
まどあかり 【窓明り】
まどいばし 【惑い箸】
まどのつき 【窓の月】
まながつお 【真魚鰹】
まなびとる 【学び取る】
まなむすめ 【まな娘】
まなむすめ 【愛娘】
まにあわせ 【間に合せ】
まにあわせ 【間に合わせ】
まにんげん 【真人間】
まぬかれる 【免れる】
まねきねこ 【招き猫】
まのあたり 【目のあたり】
まのあたり 【眼の辺り】
まほうじん 【魔方陣】
ままならぬ 【ままならぬ】
まめあぶら 【豆油】
まめおとこ 【豆男】
まめざいく 【豆細工】
まめざくら 【豆桜】
まめしぼり 【豆絞り】
まめちしき 【豆知識】
まめのはな 【豆の花】
まもりがみ 【守り神】
まもりがみ 【守神】
まもりつぐ 【守り継ぐ】
まもりふだ 【守り札】
まもりふだ 【守札】
まよいばし 【迷い箸】
まりしてん 【摩利支天】
まるあらい 【丸洗い】
まるあんき 【丸暗記】
まるうつし 【丸写し】
まるかじり 【丸かじり】
まるかじり 【丸齧り】
まるがかえ 【丸抱え】
まるがしら 【丸頭】
まるがっこ 【丸括弧】
まるっきり 【丸っきり】
まるっこい 【丸っこい】
まるつぶれ 【丸潰れ】
まるはだか 【丸裸】
まるびたい 【丸額】
まるぼうず 【丸坊主】
まるぽちゃ 【丸ぽちゃ】
まるめこむ 【丸め込む】
まるもうけ 【丸儲け】
まろびでる 【転び出る】
まわりえん 【回り縁】
まわりこむ 【回り込む】
まわりばん 【回り番】
まわりひざ 【回り膝】
まわりみち 【回り道】
まわりもち 【回り持ち】
まわれみぎ 【回れ右】
まんがいち 【万が一】
まんしょう 【満床】
まんじゅう 【饅頭】
まんじょう 【満場】
まんちゃく 【瞞着】
まんちょう 【満潮】
まんてんか 【満天下】
まんどうえ 【万灯会】
まんどころ 【政所】
まんにょう 【万葉】
まんばけん 【万馬券】
まんびょう 【万病】
まんぴょう 【満票】
まんぴょう 【満評】
まんぽけい 【万歩計】
まんりょう 【万両】
まんりょう 【満了】

6文字以上の『ま』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
まさるともおとらない 【勝るとも劣らない】
まんめんしゅをそそぐ 【満面朱を注ぐ】
まかぬたねははえぬ 【蒔かぬ種は生えぬ】
まくらをそばだてる 【枕を欹てる】
まぬがれてはじなし 【免れて恥じなし】
まくらをならべる 【枕を並べる】
まんじりともない 【まんじりともない】
まーしゃるあーつ 【マーシャルアーツ】
まいなすいおん 【マイナスイオン】
まえかんじょう 【前勘定】
まえこうじょう 【前口上】
まえひょうばん 【前評判】
まかりまちがう 【まかり間違う】
まかりまちがう 【罷り間違う】
まがなすきがな 【間がな隙がな】
まくらびょうぶ 【枕びょうぶ】
まくらびょうぶ 【枕屏風】
まくらをかわす 【枕を交わす】
まぐれさいわい 【まぐれ幸い】
まぐれさいわい 【紛れ幸】
まけじだましい 【負けじ魂】
まけずおとらず 【負けず劣らず】
まごたろうむし 【孫太郎虫】
まちあいせいじ 【待合政治】
まちくたびれる 【待ちくたびれる】
まちくたびれる 【待草臥れる】
まちどうじょう 【町道場】
まっさいちゅう 【真っ最中】
まっぴらごめん 【真っ平御免】
まてどくらせど 【待てど暮らせど】
まひろげすがた 【真広げ姿】
ままきょうだい 【まま兄弟】
ままきょうだい 【継兄弟】
まもりほんぞん 【守り本尊】
まもりほんぞん 【守本尊】
まよなかのつき 【真夜中の月】
まるてんじょう 【丸天井】
まわりどうろう 【回り灯籠】
まんかんしょく 【満艦飾】
まんごくどおし 【万石どおし】
まんじゅしゃげ 【曼珠沙華】
まんぶんのいち 【万分の一】
まあたらしい 【真新しい】
まいおさめる 【舞い納める】
まいおさめる 【舞納める】
まいちもんじ 【真一文字】
まえせんでん 【前宣伝】
まかないかた 【賄い方】
まかないつき 【賄い付き】
まかりとおる 【まかり通る】
まかりとおる 【罷り通る】
まかりならぬ 【まかり成らぬ】
まかりならぬ 【罷り成らぬ】
まがまがしい 【禍禍しい】
まがりくねる 【曲がりくねる】
まがりくねる 【曲りくねる】
まきとりがみ 【巻き取り紙】
まきとりがみ 【巻取紙】
まぎらわしい 【紛らわしい】
まくがあがる 【幕が上がる】
まくしあげる 【まくし上げる】
まくしあげる 【捲し上げる】
まくしたてる 【捲し立てる】
まくらがたな 【枕刀】
まくらぎょう 【枕経】
まくらことば 【枕ことば】
まくらことば 【枕詞】
まくらさがし 【枕捜し】
まくらさがし 【枕探し】
まくらぞうし 【枕草子】
まくをとじる 【幕を閉じる】
まぐれあたり 【まぐれ当たり】
まぐれあたり 【紛れ当たり】
まけずぎらい 【負けず嫌い】
まげきざいく 【曲げ木細工】
まことしやか 【実しやか】
まことしやか 【真しやか】
まさごのかず 【真砂の数】
まさつでんき 【摩擦電気】
まさりおとり 【優り劣り】
まさりおとり 【勝り劣り】
ましょうじき 【真正直】
ましょうめん 【真正面】
まじめくさる 【真面目くさる】
ますらおぶり 【益荒男振り】
ませいせっき 【磨製石器】
まぜあわせる 【混ぜ合せる】
まぜあわせる 【混ぜ合わせる】
まぜっかえす 【混ぜっ返す】
まぜっかえす 【雑ぜっ返す】
またたびもの 【股旅物】
まだるっこい 【まだるっこい】
まちあいしつ 【待合室】
まちあわせる 【待ち合わせる】
まちあわせる 【待合せる】
まちかまえる 【待ち構える】
まちかまえる 【待構える】
まちこがれる 【待ち焦がれる】
まちこがれる 【待焦れる】
まちじょろう 【待ち女郎】
まちじょろう 【待女郎】
まちとりがお 【待ち取り顔】
まちどおしい 【待ち遠しい】
まちどおしい 【待遠しい】
まちどしより 【町年寄】
まちどしより 【町年寄り】
まちにまった 【待ちに待った】
まちぶぎょう 【町奉行】
まちもうける 【待ち設ける】
まちもうける 【待設ける】
まちやくにん 【町役人】
まっかなうそ 【真っ赤な嘘】
まっさかさま 【真っ逆さま】
まっただなか 【真っただ中】
まっただなか 【真っ只中】
まっただなか 【真っ直中】
まっとうする 【全うする】
まつかぜつき 【松風月】
まつくいむし 【松食い虫】
まつくいむし 【松食虫】
まつよいぐさ 【待つ宵草】
まつりあげる 【祭り上げる】
まとわりつく 【纏わり付く】
まどろっこい 【まどろっこい】
まにあわせる 【間に合せる】
まにあわせる 【間に合わせる】
まねきいれる 【招き入れる】
まめでっぽう 【豆鉄砲】
まめまめしい 【実実しい】
まめまめしい 【忠実しい】
まめめいげつ 【豆名月】
まもりがたな 【守り刀】
まもりがたな 【守刀】
まもりぶくろ 【守り袋】
まもりぶくろ 【守袋】
まやかしもの 【まやかし物】
まゆがはれる 【眉が晴れる】
まゆつばもの 【眉唾物】
まゆをひらく 【眉を開く】
まりんぶるー 【マリンブルー】
まるたんぼう 【丸太ん棒】
まわりあわせ 【回り合せ】
まわりあわせ 【回り合わせ】
まわりくどい 【回りくどい】
まわりくどい 【回り諄い】
まわりどおい 【回り遠い】
まわりぶたい 【回り舞台】
まんげきょう 【万華鏡】
まんじともえ 【卍巴】
まんねんれい 【満年齢】
まんべんなく 【満遍無く】
まんまんいち 【万万一】
まんまんなか 【真ん真ん中】
まんまんねん 【万万年】

コメント

タイトルとURLをコピーしました