スポンサーリンク

【北欧神話の武器・道具】名称一覧 全32種類|名前・ネーミングに使えるかっこいい名称

【北欧神話の武器・道具】名称一覧 全32種類|名前・ネーミングに使えるかっこいい名称 カッコいい名称
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

北欧神話に登場するの武器、防具、道具の名前を集めて一覧にまとめました。かんたんな解説付きです。かっこいい・可愛い・幻想的・神秘的な名前がたくさんありますので、名付け、ハンドルネーム、キャラクターのネーミングなどの参考にいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北欧神話の武器・道具 名称一覧

【グングニル】
主神にして戦争と死の神オーディンの武器。必殺必中の威力を持つ投槍。投げれば手元に返ってくる。
【ミョルニル】
トールが愛用するハンマー。投げれば手元に返ってくる。
【レーヴァテイン】
ロキが作りあげたとされている。その意味を直訳すれば「災いの枝」となる。北欧神話の原典資料においては、世界樹の頂に座している雄鶏ヴィゾーヴニルを殺すことができる剣とされる。
【グラム】
北欧神話における最大の英雄の一人・シグルド(ジークフリート)の愛剣。その名は「怒り」を意味する。
【ギャラルホルン】
北欧神話の神ヘイムダルが持つ、ラグナロクの到来を告げる角笛。
【ミストルティン】
北欧神話において光の神バルドルを死に至らしめたアイテムとして登場する。武器ではないが、結果として神を殺しラグナロクを導いた
【ティルフィング】
魔剣。 主神オーディンの末裔である王が、土精を脅して造らせた無敵の剣。 土精の呪いが込められており、三度願いを叶えると持ち主に死をもたらす。
【ダーインスレイヴ】
北欧神話の英雄であるデンマーク王ヘグニの持っていた剣で、一度抜くと他者を斬り殺すまで鞘に収める事が出来ない魔剣となっている。
【リジル(リディル)】
北欧神話に登場する剣。
【鷹の羽衣】
豊穣を司る豊穣の女神フレイヤが持っている鷹に変身できる羽衣。
【勝利の剣(ジークシュベルト)】
最も重要な豊穣神と言われるフレイが持つ自動で戦う剣。
【ナグルファル】
死者の爪で造られた船。冥界の女王ヘルが使用した。
【グレイプニル】
神々が地底の小人族ドゥエルグに命じて「6つの有り得ない者」即ち猫の足音、女の顎髭、山の根元、熊の腱、魚の吐息、鳥の唾液を材料に作られた、一見細い紐のようにしか見えない拘束具。
【ヤールングレイプル】
北欧神話の神トールが保有する鉄製の手袋。強大な力を秘めた鎚であるミョルニルを握り損じないためにこの手套をはめる。
【メギンギョルズ】
雷神トールが腹に身につけていた力帯。 これを締めると彼の神力(アースメギン)が2倍になったと言われる。
【フリングホルニ】
光の神バルドルが所有する巨大な船。世界のいかなる船よりも大きいとされる。
【ブルトガング(ブルートガング)】
ディートリッヒ伝説に登場する剣で、英雄ハイメが持っていた。
【フロッティ】
北欧神話に登場する剣。 その名は古ノルド語で突き刺すものを意味する。
【スヴェル】
北欧神話に登場する楯。
【ドラウプニル】
オーディンが持つとされる黄金の腕輪。
【スキーズブラズニル】
北欧神話に登場する魔法の帆船。帆を張った時には、どこからともなく風が吹き船を進めることができる。
【ブリーシンガメン】
愛の女神「フレイヤ」の首飾り。
【ガンバンテイン】
欧神話に登場する杖。
【アウルヴァンディルの矢】
北欧神話に登場する小人が持つ矢。アウルヴァンディルは、弓の名手で、ホズ(北欧神話の盲目神)を弓矢で盲目にした。
【ホヴズ(ホフド)】
北欧神話の神ヘイムダッルルの剣。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カッコいい名称名前
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KOTONOHA ウェブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました