『可愛い・おしゃれ』漢字二文字の言葉 一覧 112種【二字熟語 – 意味付き】|古語・雅語・和語

『可愛い・おしゃれ』漢字二文字の言葉 一覧 112種【二字熟語 - 意味付き】|古語・雅語・和語 かっこいい言葉
スポンサーリンク

可愛らしさを表現した漢字やおしゃれな感じの漢字2文字を集めて一覧にまとめました。古風で日本らしい美しい言葉がたくさんあります。
名付けや創作のキャラクターネーミングなどにご活用ください。

オススメ

 

スポンサーリンク

可愛い・おしゃれな二文字の漢字 一覧

読み方の文字数ごとに分類しています。

読みが2文字の言葉

 

  1. 余花
    【よか】 夏になって若葉の中に咲き残る桜の花。
  2. 無垢
    【むく】 けがれがなく、清らかなこと。
  3. 瑠璃
    【るり】 青色の美しい宝石。
  4. 綺羅
    【きら】 美しい衣服。
  5. 花飛
    【かひ】 散る桜の花。
  6. 茱萸
    【ぐみ】 グミ科グミ属の木になる果実。

 

読みが3文字の言葉

 

  1. 久遠
    【くおん】 長く久しいこと。遠い過去または未来。いつまでも続くこと。
  2. 八雲
    【やくも】 幾重にも重なり合った雲。
  3. 六花
    【りっか】 冬の季語の一つで、ひらひらと舞う雪片のこと。
  4. 初音
    【はつね】 虫や鳥類についてその季節最初に聞こえる鳴き声。特にウグイス。
  5. 双葉
    【ふたば】 2枚の子葉のこと。
  6. 可憐
    【かれん】 姿がやさしく美しいこと。
  7. 夜霜
    【よしも】 夜に降りている霜。
  8. 女星
    【めぼし】 七夕のときの織女星。
  9. 小春
    【こはる】 初冬、穏やかで暖かい春に似た日和が続くころ。
  10. 小雪
    【こゆき】 少し降る雪。
  11. 弥生
    【やよい】 陰暦3月の異称。
  12. 怜悧
    【れいり】 頭がよく、りこうなこと。
  13. 月兎
    【げっと】 月の兎。
  14. 月夜
    【つきよ】 月光の明るい夜。
  15. 未来
    【みらい】 まだ来てはいない時。
  16. 朱雀
    【すざく】 中国の伝説上の神獣。神鳥。
  17. 柘榴
    【ざくろ】 ミソハギ科ザクロ属の落葉小高木、その果実。
  18. 桃花
    【とうか】 桃の花。
  19. 桜花
    【おうか】 桜の花。
  20. 氷雨
    【ひさめ】 冬の冷たい雨。
  21. 海月
    【くらげ】 くらげ
  22. 深雪
    【みゆき】 雪の美称。 深く降り積もった雪。
  23. 無月
    【むげつ】 曇天や雨天で月が見えないこと。
  24. 琥珀
    【こはく】 マツ類の樹脂の化石。
  25. 皐月
    【さつき】 旧暦5月の異称。
  26. 石榴
    【ざくろ】 ミソハギ科ザクロ属の落葉小高木、その果実。
  27. 石榴
    【ざくろ】 赤い果実と種子をとるために広く栽培されているザクロ科の落葉小高木。平安時代から庭木などに利用された。
  28. 紫苑
    【しおん】 キク科シオン属の多年草。
  29. 紫電
    【しでん】 紫色の電光。
  30. 翡翠
    【ひすい】 かわせみ科の鳥の総称。深緑の半透明な宝石。
  31. 若菜
    【わかな】 初春に採れる葉菜類のこと。
  32. 萌黄
    【もえぎ】 黄色がかった緑。
  33. 蜜柑
    【みかん】 みかん
  34. 雪花
    【せっか】 雪の結晶。雪の降るのを花にたとえたもの。
  35. 雪華
    【せっか】 雪の結晶。雪の降るのを花にたとえたもの。
  36. 雲雀
    【ひばり】 ヒバリ科の鳥の総称。
  37. 風雅
    【ふうが】 高尚で、みやびな趣のあること。
  38. 魅惑
    【みわく】 人の心をひきつけ、まどわすこと。
  39. 水雲
    【もずく】 もずく
  40. 海雲
    【もずく】 もずく

読みが4文字の言葉

 

  1. 凛然
    【りんぜん】 寒さの厳しいさま。 りりしく勇ましいさま。
  2. 夕星
    【ゆうずつ】 夕方、西の空に見える金星。
  3. 夕霧
    【ゆうぎり】 夕方に立ちこめる霧。秋の季語。
  4. 夜桜
    【よざくら】 夜見る桜の花。
  5. 天真
    【てんしん】 偽りや飾りけがない様子。
  6. 如月
    【きさらぎ】 陰暦2月の異称。
  7. 彩雲
    【さいうん】 高層の雲の一部分が色づき、雲の動きと共に色も変化して美しく見えるもの。
  8. 微風
    【そよかぜ】 心地よい風
  9. 恋猫
    【こいねこ】 さかりのついた猫。
  10. 悠遠
    【ゆうえん】 時間的、空間的に、はるかに遠いこと。
  11. 撫子
    【なでしこ】 ナデシコ科ナデシコ属のカワラナデシコの異名である。
  12. 春風
    【はるかぜ】 春の風
  13. 月城
    【つきしろ】 月の城。
  14. 月花
    【つきはな】 月と花。
  15. 月虹
    【げっこう】 夜間に月の光により生じる虹。
  16. 月霊
    【げつれい】 月の霊。
  17. 泡沫
    【うたかた】 はかなく消えやすいもののたとえ。
  18. 涼雨
    【りょうう】 夏に涼しさをもたらす雨。
  19. 涼風
    【すずかぜ】 真夏に吹くさわやかな風。
  20. 淡雪
    【あわゆき】 泡のように柔らかく消えやすい雪。
  21. 爛漫
    【らんまん】 花が美しく豊かに咲き乱れているさま。
  22. 玉兎
    【ぎょくと】 兎がいる玉の月。
  23. 玉響
    【たまゆら】 ほんのしばらくの間。一瞬。
  24. 玲瓏
    【れいろう】 美しく澄み切っている。
  25. 白雪
    【しらゆき】 白い雪
  26. 短夜
    【みじかよ】 短い夏の夜。
  27. 空蝉
    【うつせみ】 この世に生きている人。
  28. 粉雪
    【こなゆき】 粉のようにさらさらした細かい雪。
  29. 絢爛
    【けんらん】 目がくらむほどきらびやかで美しいさま。
  30. 胡蝶
    【こちょう】 チョウの別名。
  31. 苔桃
    【こけもも】 ツツジ科スノキ属の常緑小低木。
  32. 薄氷
    【うすらい】 冬が過ぎ、水面をかろうじて覆っている薄い氷。
  33. 薄霧
    【うすぎり】 薄くかかった霧。
  34. 蛍火
    【ほたるび】 蛍の発する光。小さく残っている炭火。
  35. 雪鳥
    【ゆきどり】 ミズナギドリ科の海鳥。
  36. 霧氷
    【むひょう】 氷点下の霧や雲が樹枝などに着いてできる氷。
  37. 風月
    【ふうげつ】 心地よい風と美しい月。
  38. 風花
    【かざばな】 晴れた日、風が吹き出す前などに、舞うように降る粉雪。
  39. 鬼灯
    【ほおずき】 ナス科の多年草。
  40. 鶺鴒
    【せきれい】 スズメ目セキレイ科の鳥で、尾が長く上下に振る習性がある。
  41. 黄昏
    【たそがれ】 日没直後、雲のない西の空に夕焼けの名残りの「赤さ」が残る時間帯。
  42. 龍胆
    【りんどう】 リンドウ科リンドウ属の多年生植物。

読みが5文字の言葉

 

  1. 天弓
    【てんきゅう】 大空。 天空。
  2. 姫蛍
    【ひめぼたる】 ホタル科の昆虫。
  3. 忍冬
    【すいかずら】 スイカズラ科の半常緑つる性植物。
  4. 悠久
    【ゆうきゅう】 果てしなく長く続くこと。
  5. 旋風
    【つむじかぜ】 つむじかぜ。
  6. 星鏡
    【ほしかがみ】 水に映った星
  7. 春眠
    【しゅんみん】 春の夜の眠り。
  8. 春雷
    【しゅんらい】 啓蟄のころに鳴る、その年はじめての雷。
  9. 春霞
    【はるがすみ】 春の季節に立つかすみ。
  10. 梅桜
    【ゆすらうめ】 バラ科サクラ属の落葉低木の果樹。
  11. 涼月
    【りょうげつ】 陰暦7月の異称。 涼しく感じさせる月の光。
  12. 純粋
    【じゅんすい】 まじりけのないこと。
  13. 繚乱
    【りょうらん】 入り乱れること。
  14. 花氷
    【はなごおり】 花を入れて凍らせた氷柱。
  15. 花筏
    【はないかだ】 いかだのように流れる、水面に散った桜の花びらの列。
  16. 花霞
    【はながすみ】 遠くに白く咲き連なり、かすみがかかったように見える、桜のながめ。
  17. 蒼穹
    【そうきゅう】 青く晴れ渡った大空。
  18. 薄霞
    【うすがすみ】 薄くかかった霞。
  19. 雨燕
    【あまつばめ】 アマツバメ科の鳥の総称。
  20. 霜雫
    【しもしずく】 霜が雫となったもの。
  21. 霞草
    【かすみそう】 かすみ草
  22. 風流
    【ふうりゅう】 優雅で、落ち着いた趣がある事。雅やかな事。又は、世俗を離れて、書画・詩歌・茶の湯等の雅趣に親しむ事。

 

読みが6文字の言葉

 

  1. 燈姫
    【ともしびひめ】 牽牛星と織女星のこと。
  2. 若紫
    【わかむらさき】 やや薄く明るい紫色の美称として用いられた伝統色名。
オススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました