『い』から始まる言葉 一覧

『い』から始まる言葉 一覧 一覧
スポンサーリンク

 

『い』から始まる言葉 を一覧で紹介しています。1文字、2文字、3文字、4文字、5文字、6文字以上にわけてまとめています。「言葉探し」や「しりとり」などの参考にご活用ください。

 

~から始まる言葉 一覧 - あ~わ、が~ぽ まで68音
~から始まる言葉 を一覧で紹介しています。1文字、2文字、3文字、4文字、5文字、6文字以上にわけてまとめています。「あ~わ」までと濁点のつく「が~ぽ」まで全68音。

 

スポンサーリンク

『い』から始まる言葉 一覧

 

1文字の『い』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
【井】
【亥】
【伊】
【位】
【医】
【夷】
【意】
【異】
【胃】

 

2文字の『い』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
いい 【佳い】
いい 【台台】
いい 【唯唯】
いい 【善い】
いい 【好い】
いい 【怡怡】
いい 【惟惟】
いい 【易易】
いい 【良い】
いい 【謂】
いう 【云う】
いう 【言う】
いう 【謂う】
いえ 【いえ】
いえ 【家】
いか 【以下】
いか 【医家】
いか 【医科】
いか 【烏賊】
いか 【異化】
いが 【毬】
いき 【委棄】
いき 【往き】
いき 【息】
いき 【意気】
いき 【活き】
いき 【生き】
いき 【粋】
いき 【行き】
いき 【遺棄】
いき 【閾】
いぎ 【威儀】
いぎ 【意義】
いぎ 【異義】
いぎ 【異議】
いく 【往く】
いく 【行く】
いけ 【いけ】
いけ 【池】
いけ 【活け】
いけ 【生け】
いご 【以後】
いご 【囲碁】
いし 【医師】
いし 【意志】
いし 【意思】
いし 【石】
いし 【縊死】
いし 【遺子】
いし 【遺志】
いし 【頤使】
いし 【頤指】
いじ 【医事】
いじ 【意地】
いじ 【異字】
いじ 【維持】
いじ 【遺児】
いす 【椅子】
いず 【出ず】
いそ 【磯】
いた 【板】
いち 【一】
いち 【位地】
いち 【位置】
いち 【市】
いつ 【何時】
いづ 【出づ】
いて 【射手】
いで 【いで】
いと 【いと】
いと 【意図】
いと 【糸】
いど 【井戸】
いど 【恚怒】
いど 【異土】
いど 【緯度】
いな 【否】
いな 【異な】
いな 【鯔】
いぬ 【去ぬ】
いぬ 【往ぬ】
いぬ 【戌】
いぬ 【犬】
いぬ 【狗】
いね 【稲】
いび 【萎靡】
いふ 【畏怖】
いふ 【異父】
いぶ 【威武】
いぶ 【慰撫】
いぼ 【疣】
いま 【今】
いま 【居間】
いみ 【忌み】
いみ 【意味】
いむ 【医務】
いむ 【忌む】
いも 【芋】
いも 【薯】
いも 【藷】
いや 【厭】
いや 【嫌】
いゆ 【怡愉】
いよ 【怡予】
いよ 【怡豫】
いり 【入り】
いる 【入る】
いる 【射る】
いる 【居る】
いる 【炒る】
いる 【煎る】
いる 【熬る】
いる 【要る】
いる 【鋳る】
いれ 【入れ】
いろ 【色】
いわ 【岩】
いわ 【違和】
いん 【印】
いん 【殷】
いん 【院】
いん 【韻】

3文字の『い』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
いあい 【居合い】
いあい 【遺愛】
いあつ 【威圧】
いあん 【慰安】
いいえ 【いいえ】
いいき 【いい気】
いいき 【好い気】
いいこ 【好い子】
いいね 【言い値】
いいめ 【好い目】
いいん 【医院】
いいん 【委員】
いえい 【遺影】
いえい 【遺詠】
いえき 【怡懌】
いえき 【怡易】
いえき 【胃液】
いえじ 【家路】
いえつ 【怡悦】
いえつ 【怡説】
いえで 【家出】
いえる 【癒える】
いえる 【言える】
いえん 【怡衍】
いえん 【胃炎】
いおう 【以往】
いおう 【硫黄】
いおえ 【五百重】
いおり 【庵】
いおり 【廬】
いおり 【菴】
いかい 【位階】
いかい 【遺戒】
いかい 【遺誡】
いかが 【如何】
いかく 【威嚇】
いかけ 【鋳掛け】
いかす 【いかす】
いかす 【活かす】
いかす 【生かす】
いかだ 【桴】
いかだ 【筏】
いかつ 【威喝】
いかな 【如何な】
いかに 【如何に】
いかり 【怒り】
いかり 【碇】
いかり 【錨】
いかる 【怒る】
いかる 【斑鳩】
いかる 【鵤】
いかん 【いかん】
いかん 【偉観】
いかん 【奈何】
いかん 【尉官】
いかん 【恚憾】
いかん 【異観】
いかん 【移管】
いかん 【衣冠】
いかん 【遺憾】
いがい 【以外】
いがい 【意外】
いがい 【遺骸】
いがく 【医学】
いがく 【異学】
いがた 【鋳型】
いがむ 【啀む】
いがん 【依願】
いがん 【怡顔】
いがん 【胃癌】
いきえ 【生き餌】
いきき 【往き来】
いきき 【行き来】
いきじ 【意気地】
いきた 【活きた】
いきち 【生き血】
いきち 【閾値】
いきね 【息根】
いきば 【行き場】
いきみ 【生き身】
いきむ 【息む】
いきょ 【依拠】
いきる 【生きる】
いきれ 【熱れ】
いくえ 【幾重】
いくさ 【戦】
いくじ 【育児】
いくた 【幾多】
いくつ 【幾つ】
いくど 【幾度】
いくび 【猪首】
いくら 【幾ら】
いくん 【偉勲】
いくん 【遺薫】
いくん 【遺訓】
いぐい 【居喰い】
いぐい 【居食い】
いぐさ 【藺草】
いぐち 【兎唇】
いぐち 【欠唇】
いけい 【畏敬】
いけい 【異型】
いけす 【いけす】
いけす 【生け簀】
いけず 【いけず】
いける 【埋ける】
いける 【活ける】
いける 【生ける】
いける 【行ける】
いけん 【意見】
いけん 【異見】
いけん 【違憲】
いけん 【遺賢】
いげた 【井桁】
いげん 【威厳】
いこい 【憩い】
いこう 【以降】
いこう 【偉功】
いこう 【偉効】
いこう 【威光】
いこう 【意向】
いこう 【憩う】
いこう 【移行】
いこう 【移項】
いこう 【衣桁】
いこう 【衣香】
いこう 【遺功】
いこう 【遺構】
いこう 【遺稿】
いこう 【遺香】
いこく 【異国】
いこじ 【依怙地】
いこじ 【意固地】
いこつ 【遺骨】
いこむ 【鋳込む】
いこん 【恚恨】
いこん 【遺恨】
いごん 【遺言】
いさい 【偉才】
いさい 【委細】
いさい 【異彩】
いさい 【異才】
いさむ 【勇む】
いざる 【膝行る】
いざる 【躄る】
いしき 【意識】
いしき 【違式】
いしく 【石工】
いしこ 【石粉】
いしつ 【異質】
いしつ 【遺失】
いしゃ 【医者】
いしゃ 【慰藉】
いしゃ 【慰謝】
いしゅ 【意趣】
いしん 【威信】
いしん 【惟新】
いしん 【惟神】
いしん 【惟神】
いしん 【異心】
いしん 【維新】
いしん 【遺臣】
いじめ 【苛め】
いじめ 【虐め】
いじん 【偉人】
いじん 【異人】
いすう 【異数】
いすか 【交喙】
いする 【医する】
いずこ 【何処】
いずみ 【泉】
いずれ 【何れ】
いずれ 【孰れ】
いせい 【以西】
いせい 【医聖】
いせい 【威勢】
いせい 【為政】
いせい 【異姓】
いせい 【異性】
いせい 【遺制】
いせい 【遺精】
いせき 【移籍】
いせき 【遺跡】
いせき 【遺蹟】
いせつ 【異説】
いせつ 【移設】
いせる 【いせる】
いせん 【緯線】
いぜん 【以前】
いぜん 【依然】
いぜん 【怡然】
いそう 【位相】
いそう 【異相】
いそう 【異装】
いそう 【移送】
いそぎ 【急ぎ】
いそぐ 【急ぐ】
いそじ 【五十】
いそじ 【五十路】
いそべ 【磯辺】
いそめ 【磯目】
いぞう 【遺贈】
いぞく 【遺族】
いぞん 【依存】
いぞん 【異存】
いたい 【異体】
いたい 【痛い】
いたい 【遺体】
いたち 【鼬】
いたで 【痛手】
いたど 【板戸】
いたば 【板場】
いたび 【板碑】
いたみ 【傷み】
いたみ 【痛み】
いたむ 【傷む】
いたむ 【悼む】
いたむ 【戚む】
いたむ 【痛む】
いため 【板目】
いたや 【板家】
いたや 【板屋】
いたり 【至り】
いたる 【到る】
いたる 【至る】
いたん 【異端】
いだい 【偉大】
いだい 【医大】
いだく 【抱く】
いだす 【出す】
いだつ 【遺脱】
いちい 【一位】
いちい 【一囲】
いちい 【一圍】
いちい 【一尉】
いちい 【一意】
いちい 【一葦】
いちい 【櫟】
いちう 【一宇】
いちう 【一羽】
いちう 【一雨】
いちえ 【一会】
いちが 【一臥】
いちぎ 【一儀】
いちぎ 【一義】
いちぎ 【一議】
いちく 【移築】
いちげ 【一夏】
いちご 【一期】
いちご 【一語】
いちご 【苺】
いちご 【莓】
いちざ 【一座】
いちじ 【一事】
いちじ 【一児】
いちじ 【一時】
いちじ 【一次】
いちず 【一途】
いちに 【一二】
いちば 【市場】
いちぶ 【一分】
いちぶ 【一部】
いちみ 【一味】
いちや 【一夜】
いちょ 【遺著】
いちり 【一利】
いちり 【一理】
いちり 【一里】
いちる 【一縷】
いちろ 【一路】
いっか 【一下】
いっか 【一个】
いっか 【一家】
いっか 【一架】
いっか 【一過】
いっか 【一顆】
いっき 【一基】
いっき 【一季】
いっき 【一帰】
いっき 【一揆】
いっき 【一気】
いっき 【一簣】
いっき 【一紀】
いっき 【一起】
いっき 【一軌】
いっき 【逸機】
いっく 【一?】
いっく 【一区】
いっく 【一區】
いっく 【一句】
いっこ 【一個】
いっこ 【一己】
いっこ 【一戸】
いっこ 【一箇】
いっこ 【一顧】
いっさ 【一佐】
いっし 【一士】
いっし 【一子】
いっし 【一指】
いっし 【一死】
いっし 【一矢】
いっし 【一糸】
いっし 【逸史】
いっせ 【一世】
いっそ 【いっそ】
いっち 【一致】
いって 【一手】
いっぱ 【一波】
いっぱ 【一派】
いっぴ 【一臂】
いっぷ 【一夫】
いっぽ 【一歩】
いつう 【胃痛】
いつか 【五日】
いつか 【何時か】
いつき 【斎】
いつく 【居付く】
いつく 【居着く】
いつじ 【逸事】
いつつ 【五つ】
いつも 【何時も】
いつや 【乙夜】
いつわ 【逸話】
いづつ 【井筒】
いてき 【夷狄】
いてる 【凍てる】
いてん 【移転】
いであ 【イデア】
いでゆ 【出で湯】
いでん 【遺伝】
いとう 【以東】
いとう 【厭う】
いとう 【怡蕩】
いとく 【台徳】
いとく 【台德】
いとく 【威徳】
いとく 【遺徳】
いとこ 【従兄弟】
いとこ 【従姉妹】
いとま 【暇】
いとま 【遑】
いとめ 【糸目】
いとも 【いとも】
いどう 【異動】
いどう 【異同】
いどう 【移動】
いどむ 【挑む】
いない 【以内】
いなか 【田舎】
いなぎ 【稲木】
いなご 【稲子】
いなご 【蝗】
いなす 【去なす】
いなす 【往なす】
いなせ 【鯔背】
いなだ 【稲田】
いなだ 【鰍】
いなほ 【稲穂】
いなむ 【否む】
いなや 【否や】
いなり 【稲荷】
いなん 【以南】
いにん 【委任】
いぬい 【乾】
いぬい 【戌亥】
いぬき 【居抜き】
いぬく 【射貫く】
いぬめ 【犬目】
いのう 【異能】
いのこ 【亥の子】
いのこ 【猪の子】
いのこ 【豕】
いのち 【命】
いのふ 【胃の腑】
いのり 【祈り】
いのる 【祈る】
いはい 【位牌】
いはい 【違背】
いはい 【遺灰】
いはく 【威迫】
いはつ 【衣鉢】
いはつ 【遺髪】
いはん 【違反】
いはん 【違犯】
いばく 【帷幕】
いばら 【棘】
いばら 【茨】
いばら 【荊】
いばり 【尿】
いばる 【威張る】
いひつ 【遺筆】
いひん 【遺品】
いびき 【鼾】
いびつ 【歪】
いびる 【いびる】
いふう 【威風】
いふう 【異風】
いふう 【遺風】
いふく 【威伏】
いふく 【威服】
いふく 【異腹】
いふく 【衣服】
いふん 【恚忿】
いふん 【恚憤】
いぶき 【息吹】
いぶく 【息吹く】
いぶす 【燻す】
いぶつ 【異物】
いぶつ 【遺物】
いぶる 【燻る】
いぶん 【異文】
いぶん 【異聞】
いぶん 【遺文】
いへき 【胃壁】
いへん 【異変】
いほう 【彙報】
いほう 【異邦】
いほう 【遺法】
いほく 【以北】
いほん 【異本】
いぼう 【恚望】
いぼく 【遺墨】
いぼじ 【疣痔】
いまだ 【未だ】
いまち 【居待ち】
いまに 【今に】
いまは 【今一つ】
いまや 【今や】
いまわ 【今際】
いみき 【忌寸】
いみな 【諱】
いみん 【移民】
いむべ 【忌部】
いめい 【依命】
いめい 【遺命】
いもせ 【妹背】
いもの 【鋳物】
いもり 【井守】
いもり 【忌森】
いもん 【慰問】
いやき 【厭気】
いやき 【嫌気】
いやく 【医薬】
いやく 【意訳】
いやく 【違約】
いやし 【癒し】
いやす 【癒やす】
いやに 【厭に】
いやに 【嫌に】
いやは 【弥歯】
いやみ 【厭味】
いやみ 【嫌み】
いやみ 【嫌味】
いゆう 【畏友】
いよう 【医用】
いよう 【威容】
いよう 【異容】
いよう 【異様】
いよう 【移用】
いよく 【意慾】
いよく 【意欲】
いらい 【以来】
いらい 【依頼】
いらえ 【応え】
いらえ 【答え】
いらか 【甍】
いらん 【恚乱】
いらん 【恚亂】
いりえ 【入り江】
いりこ 【炒り子】
いりは 【入端】
いりひ 【入り日】
いるい 【異類】
いるい 【衣類】
いるか 【海豚】
いるす 【居留守】
いれい 【威令】
いれい 【慰霊】
いれい 【異例】
いれげ 【入れ毛】
いれこ 【入れ子】
いれこ 【入れ籠】
いれば 【入れ歯】
いれめ 【入れ目】
いれる 【入れる】
いれる 【容れる】
いれる 【淹れる】
いれる 【納れる】
いろう 【慰労】
いろう 【遺漏】
いろえ 【色絵】
いろか 【色香】
いろけ 【色気】
いろは 【伊呂波】
いろみ 【色味】
いろめ 【色目】
いろり 【囲炉裏】
いろん 【異論】
いわい 【祝い】
いわう 【祝う】
いわお 【巌】
いわく 【曰く】
いわし 【鰮】
いわし 【鰯】
いわな 【岩魚】
いわね 【岩根】
いわば 【岩場】
いわば 【言わば】
いわば 【謂わば】
いわや 【岩屋】
いわや 【石屋】
いわや 【窟】
いわれ 【謂れ】
いわん 【言わん】
いんか 【允可】
いんか 【印可】
いんか 【引火】
いんか 【陰火】
いんが 【印画】
いんが 【因果】
いんが 【陰画】
いんき 【陰気】
いんこ 【音呼】
いんこ 【鸚哥】
いんご 【隠語】
いんし 【印紙】
いんし 【因子】
いんし 【隠士】
いんじ 【印璽】
いんじ 【韻事】
いんち 【印池】
いんち 【引致】
いんび 【因美】
いんび 【隠微】
いんぴ 【隠避】
いんゆ 【因由】
いんゆ 【引喩】
いんゆ 【隠喩】

 

4文字の『い』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
いあんふ 【慰安婦】
いいあう 【言い合う】
いいおく 【言い置く】
いいかお 【好い顔】
いいかお 【良い顔】
いいかた 【言い方】
いいかも 【好い鴨】
いいがい 【言い甲斐】
いいきみ 【いい気味】
いいきり 【言い切り】
いいきる 【言い切る】
いいぐさ 【言い種】
いいぐさ 【言い草】
いいこと 【好い事】
いいさす 【言い止す】
いいざま 【好い様】
いいざま 【言い様】
いいじょ 【怡怡如】
いいづな 【飯綱】
いいせん 【好い線】
いいだこ 【飯蛸】
いいだす 【言い出す】
いいとし 【好い年】
いいなか 【好い仲】
いいなり 【言いなり】
いいなり 【言い成り】
いいはる 【言い張る】
いいひと 【好い人】
いいぶん 【言い分】
いいよる 【言い寄る】
いいわけ 【言い訳】
いえがら 【家柄】
いえすじ 【家筋】
いえつき 【家付き】
いえでん 【家電】
いえども 【雖も】
いえなみ 【家並み】
いえのこ 【家の子】
いえばえ 【家蠅】
いえもち 【家持ち】
いえもと 【家元】
いかける 【射掛ける】
いかさま 【如何様】
いかすい 【胃下垂】
いかずち 【雷】
いかぞく 【遺家族】
いかだし 【筏師】
いかつい 【厳つい】
いかない 【いかない】
いかなご 【玉筋魚】
いかなる 【如何なる】
いかにも 【如何にも】
いかほど 【如何ほど】
いかほど 【如何程】
いかめら 【胃カメラ】
いかもの 【偽物】
いかもの 【如何物】
いからす 【怒らす】
いかれる 【いかれる】
いかんか 【怎生】
いがいが 【いがいが】
いがぐり 【毬栗】
いきあう 【行き合う】
いきあう 【行き逢う】
いきあし 【行き足】
いきいき 【活き活き】
いきいき 【生き生き】
いきうま 【生き馬】
いきうめ 【生き埋め】
いきおい 【勢い】
いきかた 【生き方】
いきかた 【行き方】
いきがい 【域外】
いきがい 【生き甲斐】
いきがけ 【行き掛け】
いきがる 【粋がる】
いききも 【生き肝】
いききも 【生き胆】
いきぎれ 【息切れ】
いきごみ 【意気込み】
いきごむ 【意気込む】
いきさき 【行き先】
いきさき 【行先】
いきさつ 【経緯】
いきざま 【生き様】
いきしな 【行きしな】
いきしに 【生き死に】
いきすぎ 【行き過ぎ】
いきすじ 【息筋】
いきすじ 【粋筋】
いきせく 【息急く】
いきたい 【生き体】
いきつぎ 【息継ぎ】
いきつく 【行き着く】
いきつく 【行着く】
いきつけ 【行きつけ】
いきつけ 【行き付け】
いきづく 【息衝く】
いきづな 【息綱】
いきづら 【生き面】
いきない 【域内】
いきなり 【行き成り】
いきぬき 【息抜き】
いきぬく 【生き抜く】
いきぬけ 【行き抜け】
いきぬけ 【行抜け】
いきのね 【息の根】
いきはじ 【生き恥】
いきばる 【息張る】
いきまく 【息まく】
いきまく 【息巻く】
いきもの 【生き物】
いきょう 【異境】
いきょう 【異教】
いきょう 【異郷】
いきょく 【医局】
いきょく 【委曲】
いきれる 【熱れる】
いぎょう 【偉業】
いぎょう 【医業】
いぎょう 【異形】
いぎょう 【遺業】
いくえい 【育英】
いくさき 【行く先】
いくしゅ 【育種】
いくせい 【育成】
いくつか 【幾つか】
いくつも 【幾つも】
いくとせ 【幾年】
いくとせ 【幾歳】
いくばく 【幾何】
いくばく 【幾許】
いくぶん 【幾分】
いくもう 【育毛】
いくらか 【幾らか】
いくらも 【幾らも】
いけうお 【活け魚】
いけうお 【生け魚】
いけがき 【生け垣】
いけがき 【生け籬】
いけくち 【いけ口】
いけてる 【いけてる】
いけどり 【生け捕り】
いけない 【いけない】
いけにえ 【犠牲】
いけにえ 【生贄】
いけばな 【活け花】
いけばな 【生け花】
いけめん 【いけメン】
いこみき 【已己巳己】
いごこち 【居心地】
いささか 【些か】
いさりび 【漁火】
いざこざ 【いざこざ】
いざとい 【寝聡い】
いざなう 【誘う】
いざよい 【十六夜】
いざよう 【いざよう】
いしうす 【石臼】
いしおと 【石音】
いしがき 【石垣】
いしがみ 【石神】
いしがめ 【水亀】
いしがめ 【石亀】
いしくれ 【石塊】
いしぐみ 【石組み】
いしけり 【石蹴り】
いしころ 【石ころ】
いしずえ 【礎】
いしずり 【石摺り】
いしせい 【異歯性】
いしだい 【石鯛】
いしだん 【石段】
いしづき 【石突き】
いしづみ 【石積み】
いしてき 【意志的】
いしにわ 【石庭】
いしばい 【石灰】
いしばし 【石橋】
いしぶみ 【碑】
いしむろ 【石室】
いしもち 【石持】
いしもち 【石首魚】
いしゅう 【蝟集】
いしょう 【意匠】
いしわた 【石綿】
いじいじ 【いじいじ】
いじくる 【弄る】
いじける 【いじける】
いじずく 【維持ずく】
いじめる 【苛める】
いじめる 【虐める】
いじゃく 【胃弱】
いじゅう 【移住】
いじゅつ 【医術】
いじょう 【以上】
いじょう 【囲繞】
いじょう 【委譲】
いじょう 【異常】
いじょう 【異状】
いじょう 【移乗】
いじょう 【移譲】
いじょく 【居職】
いじわる 【意地悪】
いすがた 【居姿】
いすわる 【居坐る】
いすわる 【居座る】
いずまい 【居住まい】
いせえび 【伊勢海老】
いせえび 【伊勢蝦】
いそいそ 【いそいそ】
いそがす 【急がす】
いそしむ 【勤しむ】
いそづり 【磯釣り】
いそまげ 【磯髷】
いたいけ 【幼気】
いただく 【戴く】
いたって 【至って】
いたつき 【労】
いたつき 【板付き】
いたつき 【病】
いたどり 【虎杖】
いたのま 【板の間】
いたばり 【板張り】
いたぶき 【板葺き】
いたぶる 【いたぶる】
いたまえ 【板前】
いたまる 【炒まる】
いためる 【傷める】
いためる 【炒める】
いためる 【痛める】
いたらぬ 【至らぬ】
いたわる 【労る】
いだてん 【韋駄天】
いちあく 【一握】
いちあん 【一庵】
いちあん 【一案】
いちあん 【一菴】
いちいち 【一一】
いちいつ 【一溢】
いちいつ 【一鎰】
いちいん 【一員】
いちいん 【一因】
いちいん 【一院】
いちえん 【一円】
いちおう 【一往】
いちおう 【一応】
いちおし 【一押し】
いちがい 【一概】
いちがい 【一涯】
いちがつ 【一月】
いちがん 【一丸】
いちがん 【一眼】
いちぐう 【一遇】
いちぐう 【一隅】
いちぐん 【一群】
いちぐん 【一軍】
いちげい 【一芸】
いちげき 【一撃】
いちげん 【一元】
いちげん 【一見】
いちころ 【いちころ】
いちごう 【一合】
いちごう 【一毫】
いちごう 【一郷】
いちごん 【一言】
いちじく 【無花果】
いちじつ 【一日】
いちじに 【一時に】
いちじゅ 【一樹】
いちどく 【一読】
いちどに 【一度に】
いちなん 【一男】
いちなん 【一難】
いちにょ 【一如】
いちにん 【一人】
いちにん 【一任】
いちねん 【一年】
いちねん 【一念】
いちはつ 【一八】
いちばい 【一倍】
いちばん 【一番】
いちぶん 【一文】
いちべつ 【一別】
いちべつ 【一瞥】
いちぼう 【一望】
いちぼう 【一眸】
いちまい 【一枚】
いちまつ 【一抹】
いちまつ 【市松】
いちめい 【一名】
いちめい 【一命】
いちめん 【一面】
いちもく 【一目】
いちもつ 【一物】
いちもつ 【逸物】
いちもん 【一門】
いちやく 【一躍】
いちゅう 【意中】
いちゅう 【移駐】
いちゆう 【一揖】
いちょう 【公孫樹】
いちょう 【医長】
いちょう 【怡暢】
いちょう 【異朝】
いちょう 【移牒】
いちょう 【移調】
いちょう 【胃腸】
いちょう 【銀杏】
いちよう 【一様】
いちよう 【一葉】
いちよく 【一翼】
いちらん 【一覧】
いちりつ 【一律】
いちりつ 【市立】
いちりん 【一輪】
いちるい 【一塁】
いちるい 【一類】
いちれい 【一例】
いちれい 【一礼】
いちれつ 【一列】
いちれん 【一聯】
いちれん 【一連】
いちろう 【一浪】
いっかい 【一介】
いっかい 【一回】
いっかい 【一塊】
いっかい 【一階】
いっかく 【一廓】
いっかく 【一格】
いっかく 【一画】
いっかく 【一角】
いっかく 【一郭】
いっかつ 【一喝】
いっかつ 【一括】
いっかん 【一函】
いっかん 【一寒】
いっかん 【一巻】
いっかん 【一漢】
いっかん 【一環】
いっかん 【一竿】
いっかん 【一貫】
いっかん 【一間】
いっきく 【一掬】
いっきに 【一気に】
いっきょ 【一挙】
いっきん 【一斤】
いっきん 【一鈞】
いっくう 【一空】
いっけい 【一系】
いっけい 【一計】
いっけつ 【一決】
いっけつ 【溢血】
いっけん 【一件】
いっけん 【一犬】
いっけん 【一軒】
いっこう 【一向】
いっこう 【一考】
いっこう 【一行】
いっこく 【一刻】
いっこく 【一国】
いっこん 【一献】
いっさい 【一再】
いっさい 【一切】
いっさく 【一昨】
いっさく 【一策】
いっさつ 【一札】
いっしき 【一式】
いっしつ 【一失】
いっしゅ 【一種】
いっしゅ 【一首】
いっしょ 【一所】
いっしょ 【一書】
いっしょ 【一緒】
いっしょ 【佚書】
いっしょ 【逸書】
いっしん 【一審】
いっしん 【一心】
いっしん 【一新】
いっしん 【一身】
いっすい 【一炊】
いっすい 【一睡】
いっすい 【溢水】
いっする 【佚する】
いっする 【逸する】
いっすん 【一寸】
いっせい 【一声】
いっせい 【一斉】
いっせき 【一夕】
いっせき 【一席】
いっせき 【一石】
いっせつ 【一節】
いっせつ 【一説】
いっせん 【一戦】
いっせん 【一線】
いっせん 【一閃】
いっそう 【一双】
いっそう 【一層】
いっそう 【一掃】
いっそう 【一曹】
いっそう 【逸走】
いっそく 【逸足】
いったい 【一体】
いったい 【一帯】
いったん 【一旦】
いったん 【一端】
いっつい 【一対】
いってい 【一定】
いってき 【一擲】
いってき 【一滴】
いってつ 【一徹】
いってん 【一天】
いってん 【一点】
いってん 【一転】
いっとう 【一党】
いっとう 【一刀】
いっとう 【一灯】
いっとう 【一等】
いっとう 【一統】
いっとう 【一頭】
いっとく 【一得】
いっぱい 【一敗】
いっぱい 【一杯】
いっぱく 【一泊】
いっぱく 【一白】
いっぱつ 【一発】
いっぱつ 【一髪】
いっぱん 【一半】
いっぱん 【一斑】
いっぱん 【一般】
いっぱん 【一飯】
いっぴき 【一匹】
いっぴつ 【一筆】
いっぴん 【一品】
いっぴん 【逸品】
いっぷう 【一風】
いっぷく 【一幅】
いっぷく 【一服】
いっぺん 【一変】
いっぺん 【一片】
いっぺん 【一遍】
いっぽう 【一報】
いっぽう 【一方】
いっぽん 【一本】
いつかは 【何時かは】
いつから 【何時から】
いつごろ 【何時頃】
いつざい 【逸材】
いつしか 【何時しか】
いつぞや 【何時ぞや】
いつだつ 【逸脱】
いつづけ 【居続け】
いつでも 【何時でも】
いつぶす 【鋳潰す】
いつぶん 【佚文】
いつぶん 【逸文】
いつぶん 【逸聞】
いつまで 【何時まで】
いつみん 【逸民】
いつらく 【佚楽】
いつらく 【逸楽】
いつわり 【偽り】
いつわる 【偽る】
いつわる 【矯る】
いてぞら 【凍て空】
いてつく 【凍て付く】
いてどけ 【凍て解け】
いてばれ 【凍晴】
いてまう 【いてまう】
いでたち 【出で立ち】
いでたつ 【出で立つ】
いでんし 【遺伝子】
いとおす 【射通す】
いとおり 【糸織り】
いとくり 【糸繰り】
いとぐち 【糸口】
いとぐち 【緒】
いとこに 【従兄弟煮】
いとしい 【愛しい】
いとしご 【愛し子】
いとすぎ 【糸杉】
いとぞこ 【糸底】
いとたけ 【糸竹】
いとてき 【意図的】
いとなみ 【営み】
いとなむ 【営む】
いとのこ 【糸鋸】
いとひき 【糸引き】
いとびん 【糸鬢】
いとへん 【糸偏】
いとまき 【糸巻き】
いとまゆ 【糸眉】
いとめる 【射止める】
いとゆう 【糸遊】
いとわく 【糸枠】
いどころ 【居所】
いどばた 【井戸端】
いなおる 【居直る】
いなかけ 【稲掛け】
いなさく 【稲作】
いなずま 【稲妻】
いなずま 【電】
いななく 【嘶く】
いなむら 【稲叢】
いならぶ 【居並ぶ】
いにしえ 【古】
いにしえ 【古者】
いにゅう 【移入】
いにょう 【遺尿】
いぬかき 【犬掻き】
いぬくぎ 【犬釘】
いぬころ 【犬ころ】
いぬじに 【犬死に】
いぬたで 【犬蓼】
いぬのひ 【戌の日】
いねかり 【稲刈り】
いねこき 【稲扱き】
いねむり 【居眠り】
いのこる 【居残る】
いのしし 【猪】
いのちげ 【命毛】
いのつき 【亥の月】
いばしょ 【居場所】
いひょう 【意表】
いびょう 【胃病】
いびるい 【異尾類】
いぶかる 【訝る】
いぶくろ 【胃袋】
いぶんか 【異文化】
いぶんし 【異分子】
いまいち 【今一】
いまから 【今から】
いまごろ 【今頃】
いまさら 【今更】
いましめ 【戒め】
いましめ 【縛め】
いましめ 【誡め】
いましめ 【警め】
いましも 【今しも】
いまだに 【未だに】
いまでき 【今出来】
いまでも 【今でも】
いまどき 【今時】
いまにも 【今にも】
いまふう 【今風】
いままで 【今まで】
いまよう 【今様】
いみあい 【意味合い】
いみあけ 【忌み明け】
いみしん 【意味深】
いみする 【意味する】
いみづき 【忌み月】
いみょう 【異名】
いもうと 【妹】
いもがお 【痘痕顔】
いもがゆ 【芋粥】
いもがら 【芋幹】
いもがら 【芋茎】
いもざし 【芋刺し】
いもたれ 【胃凭れ】
いもばら 【芋腹】
いもばん 【芋版】
いもむし 【芋虫】
いやいや 【否否】
いやいや 【嫌嫌】
いやおう 【否応】
いやがる 【厭がる】
いやがる 【嫌がる】
いやさか 【弥栄】
いやしい 【卑しい】
いやしい 【賤しい】
いやしむ 【卑しむ】
いやしむ 【賤しむ】
いやでも 【厭でも】
いやでも 【否でも】
いやでも 【嫌でも】
いやはや 【いやはや】
いやます 【弥増す】
いよいよ 【愈】
いよかん 【伊予柑】
いらいら 【苛苛】
いらして 【いらして】
いらだち 【苛立ち】
いらだつ 【苛立つ】
いらっと 【いらっと】
いらつく 【苛つく】
いられる 【居られる】
いりあい 【入会】
いりあい 【入相】
いりうみ 【入り海】
いりくむ 【入り組む】
いりぐち 【入り口】
いりこむ 【入り込む】
いりしお 【入り潮】
いりはま 【入り浜】
いりはま 【入浜】
いりふね 【入り船】
いりまめ 【炒り豆】
いりまめ 【煎り豆】
いりむこ 【入り婿】
いりもや 【入母屋】
いりゅう 【慰留】
いりゅう 【遺留】
いりょう 【医療】
いりょう 【衣料】
いりょう 【衣糧】
いりょく 【偉力】
いりょく 【威力】
いりょく 【意力】
いりよう 【入り用】
いれがみ 【入れ髪】
いれぐい 【入れ食い】
いれこむ 【入れ込む】
いれずみ 【入れ墨】
いれずみ 【刺青】
いれずみ 【文身】
いれぢえ 【入れ知恵】
いれもの 【入れ物】
いれもの 【容れ物】
いろあい 【色合い】
いろあげ 【色揚げ】
いろいと 【色糸】
いろいろ 【色色】
いろおち 【色落ち】
いろがみ 【色紙】
いろぐろ 【色黒】
いろけし 【色消し】
いろこい 【色恋】
いろごえ 【色声】
いろごと 【色事】
いろしろ 【色白】
いろずり 【色刷り】
いろずり 【色摺り】
いろつや 【色艶】
いろづく 【色づく】
いろづく 【色付く】
いろどり 【彩り】
いろどり 【色取り】
いろどる 【彩る】
いろどる 【色取る】
いろまち 【色町】
いろまち 【色街】
いろむら 【色斑】
いろめく 【色めく】
いろもの 【色物】
いろよい 【色好い】
いろわけ 【色分け】
いろんな 【色んな】
いわかん 【違和感】
いわせる 【言わせる】
いわはだ 【岩肌】
いわはだ 【岩膚】
いわぶろ 【岩風呂】
いわむろ 【岩室】
いわやま 【岩山】
いわゆる 【所謂】
いんいつ 【隠逸】
いんうつ 【陰鬱】
いんえい 【印影】
いんえい 【陰影】
いんかん 【印鑑】
いんがい 【員外】
いんがい 【院外】
いんがし 【印画紙】
いんきょ 【允許】
いんきょ 【隠居】
いんぎん 【慇懃】
いんけん 【引見】
いんけん 【陰険】
いんけん 【隠顕】
いんげつ 【寅月】
いんこう 【印行】
いんこう 【咽喉】
いんこく 【印刻】
いんこく 【陰刻】
いんごう 【因業】
いんごう 【院号】
いんさつ 【印刷】
いんさん 【陰惨】
いんざい 【印材】
いんしつ 【陰湿】
いんしゅ 【飲酒】
いんしん 【殷賑】
いんしん 【音信】
いんじゃ 【隠者】
いんじゅ 【印綬】
いんすう 【因数】
いんする 【印する】
いんずう 【員数】
いんせい 【院政】
いんせい 【院生】
いんせい 【陰性】
いんせい 【隠棲】
いんせき 【姻戚】
いんせき 【引責】
いんせき 【隕石】
いんぜい 【印税】
いんぜん 【隠然】
いんそう 【印相】
いんそつ 【引率】
いんぞく 【姻族】
いんたい 【引退】
いんたい 【隠退】
いんたく 【隠宅】
いんちき 【いんちき】
いんてん 【院展】
いんでん 【印伝】
いんとう 【咽頭】
いんとく 【隠匿】
いんとん 【隠遁】
いんどう 【引導】
いんない 【院内】
いんにく 【印肉】
いんにん 【隠忍】
いんねん 【因縁】
いんのう 【陰嚢】
いんばん 【印判】
いんぶん 【韻文】
いんぺい 【隠蔽】
いんぼう 【陰謀】
いんぼう 【隠謀】
いんぽん 【院本】
いんめつ 【隠滅】
いんめん 【印面】
いんもく 【韻目】
いんもつ 【音物】
いんよう 【引用】
いんよう 【陰陽】
いんよう 【飲用】
いんりつ 【韻律】
いんれい 【引例】
いんれき 【陰暦】
いんろう 【印籠】

5文字の『い』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
いじましい 【いじましい】
いじらしい 【いじらしい】
いあいぬき 【居合い抜き】
いあわせる 【居合わせる】
いいあてる 【言い中てる】
いいあてる 【言い当てる】
いいおくる 【言い送る】
いいおとす 【言い落とす】
いいおよぶ 【言い及ぶ】
いいかえす 【言い返す】
いいかえる 【言い換える】
いいかえる 【言い替える】
いいかける 【いいかける】
いいかける 【言い掛ける】
いいかげん 【いい加減】
いいかわす 【言い交わす】
いいがかり 【いいがかり】
いいがかり 【言い掛かり】
いいこめる 【言い籠める】
いいこめる 【言い込める】
いいしぶる 【言い渋る】
いいしれぬ 【言い知れぬ】
いいじょう 【言い条】
いいすぎる 【言い過ぎる】
いいすてる 【言い捨てる】
いいたてる 【言い立てる】
いいちがい 【言い違い】
いいつかる 【言いつかる】
いいつかる 【言い付かる】
いいつたえ 【言い伝え】
いいつのる 【言い募る】
いいとおす 【言い通す】
いいところ 【好い所】
いいとして 【良いとして】
いいなおす 【言い直す】
いいなずけ 【許婚】
いいなずけ 【許嫁】
いいぬける 【言い抜ける】
いいのこす 【言い残す】
いいはなつ 【言い放つ】
いいひらき 【言い開き】
いいふらす 【言い触らす】
いいふるす 【言い古す】
いいふるす 【言い旧す】
いいまかす 【言い負かす】
いいまくる 【言い捲る】
いいまわし 【言い回し】
いいもらす 【言い洩らす】
いいもらす 【言い漏らす】
いいよどむ 【言い淀む】
いいわたす 【言い渡す】
いいんかい 【委員会】
いうなれば 【言うなれば】
いえがまえ 【家構え】
いえやしき 【家屋敷】
いおんびん 【イ音便】
いかいよう 【胃潰瘍】
いかずごけ 【行かず後家】
いかつごえ 【厳つ声】
いかばかり 【如何許り】
いかめしい 【厳めしい】
いかものし 【如何物師】
いかりがた 【いかり肩】
いかりがた 【怒り肩】
いかりばな 【怒り鼻】
いかりぼし 【錨星】
いかんせん 【如何せん】
いかんとも 【如何とも】
いかんなく 【遺憾なく】
いかんなく 【遺憾無く】
いかんのい 【遺憾の意】
いがみあう 【啀み合う】
いきあたり 【行き当たり】
いきあたり 【行当たり】
いきあたる 【行き当たる】
いきあたる 【行当たる】
いきいそぐ 【生き急ぐ】
いきうつし 【生き写し】
いきかえり 【往き帰り】
いきかえり 【行き帰り】
いきかえる 【生き返る】
いきがかり 【行きがかり】
いきがかり 【行き掛かり】
いきじごく 【生き地獄】
いきじびき 【生き字引】
いきすぎる 【行き過ぎる】
いきすぎる 【行過ぎる】
いきだおれ 【行き倒れ】
いきだおれ 【行倒れ】
いきちがい 【行き違い】
いきちがい 【行違い】
いきつまる 【息詰まる】
いきづかい 【息遣い】
いきづくり 【活き作り】
いきづくり 【生き作り】
いきづまる 【息詰る】
いきづまる 【行き詰まる】
いきづまる 【行詰る】
いきとどく 【行き届く】
いきとどく 【行届く】
いきどおり 【憤り】
いきどおる 【憤る】
いきどころ 【行き所】
いきどまり 【行き止まり】
いきどまり 【行止り】
いきなやむ 【行き悩む】
いきなやむ 【行悩む】
いきのこり 【生き残り】
いきのこる 【生き残る】
いきのした 【息の下】
いきのびる 【生き延びる】
いきぼとけ 【生き仏】
いきもどり 【行き戻り】
いきもどり 【行戻り】
いきやすめ 【息休め】
いきょうと 【異教徒】
いきりたつ 【熱り立つ】
いきりょう 【生き霊】
いきりょう 【生霊】
いきわかれ 【生き別れ】
いきわたる 【行き渡る】
いきわたる 【行渡る】
いぎたない 【寝汚い】
いぎたない 【寝穢い】
いくえにも 【幾重にも】
いくきゅう 【育休】
いくじなし 【意気地無し】
いくつでも 【幾つでも】
いくびょう 【育苗】
いくらでも 【幾らでも】
いけいれん 【胃痙攣】
いけづくり 【活け造り】
いけづくり 【生け作り】
いこぼれる 【居溢れる】
いこぼれる 【居零れる】
いさいそく 【居催促】
いさましい 【勇ましい】
いさみたつ 【勇み立つ】
いざしらず 【いざ知らず】
いしあたま 【石頭】
いしきてき 【意識的】
いしだたみ 【甃】
いしだたみ 【石畳】
いしぼとけ 【石仏】
いじっぱり 【意地っ張り】
いじめっこ 【苛めっ子】
いじょうふ 【偉丈夫】
いすくまる 【居竦まる】
いすくめる 【射竦める】
いずくんぞ 【安んぞ】
いずくんぞ 【焉んぞ】
いずみねつ 【泉熱】
いせいしゃ 【為政者】
いせいよく 【威勢よく】
いせいよく 【威勢良く】
いせききん 【移籍金】
いせまいり 【伊勢参り】
いぜんけい 【已然形】
いそうがい 【意想外】
いそうろう 【居候】
いそがしい 【忙しい】
いそがせる 【急がせる】
いそぎあし 【急ぎ足】
いそくさい 【磯臭い】
いたけだか 【居丈高】
いただける 【戴ける】
いただける 【頂ける】
いただたみ 【板畳】
いたちょう 【板長】
いたばさみ 【板挟み】
いたましい 【傷ましい】
いたましい 【痛ましい】
いたみいる 【傷み入る】
いたみいる 【痛み入る】
いたみどめ 【痛み止め】
いたみわけ 【痛み分け】
いためもの 【炒め物】
いたわしい 【労しい】
いちがいに 【一概に】
いちきじく 【一機軸】
いちぎてき 【一義的】
いちげんか 【一元化】
いちこじん 【一個人】
いちごうめ 【一合目】
いちじきん 【一時金】
いちじてき 【一時的】
いちじゅん 【一巡】
いちじゅん 【一旬】
いちのぜん 【一の膳】
いちのとり 【一の酉】
いちのみや 【一宮】
いちはやく 【逸早く】
いちばんて 【一番手】
いちぶぶん 【一部分】
いちみゃく 【一脈】
いちもんじ 【一文字】
いちゃつく 【いちゃつく】
いちゃもん 【いちゃもん】
いちやづけ 【一夜漬け】
いちりづか 【一里塚】
いちりゅう 【一流】
いちりゅう 【一粒】
いちりょう 【一両】
いっかげん 【一家言】
いっかせい 【一過性】
いっきうち 【一騎打ち】
いっきうち 【一騎討ち】
いっきのみ 【一気飲み】
いっきゅう 【一級】
いっきょう 【一匡】
いっきょう 【一興】
いっきょう 【一驚】
いっきょく 【一局】
いっきょく 【一曲】
いっきょに 【一挙に】
いっけんや 【一軒家】
いっけんや 【一軒屋】
いっこだて 【一戸建て】
いっさんに 【一散に】
いっさんに 【逸散に】
いっしゅう 【一周】
いっしゅう 【一蹴】
いっしゅう 【一週】
いっしゅく 【一宿】
いっしゅつ 【逸出】
いっしゅん 【一瞬】
いっしょう 【一将】
いっしょう 【一生】
いっしょう 【一笑】
いっしょく 【一色】
いっしんに 【一心に】
いっせいに 【一斉に】
いっせつな 【一刹那】
いっせんめ 【一煎目】
いったいか 【一体化】
いったいに 【一体に】
いっちゃく 【一着】
いっちゅう 【一籌】
いっちょう 【一丁】
いっちょう 【一朝】
いっちょう 【一聴】
いっていじ 【一丁字】
いってこい 【往ってこい】
いってこい 【行ってこい】
いってんき 【一転機】
いっとうち 【一等地】
いっぱつや 【一発屋】
いっぱんか 【一般化】
いっぱんに 【一般に】
いっぽんか 【一本化】
いっぽんぎ 【一本気】
いつかしら 【何時かしら】
いつからか 【何時からか】
いつくしみ 【慈しみ】
いつくしむ 【慈しむ】
いつつもん 【五つ紋】
いつのまに 【何時の間に】
いつまでに 【何時までに】
いつまでも 【何時までも】
いてかえる 【凍て返る】
いてぐもり 【凍曇】
いとおしい 【愛おしい】
いとおしむ 【愛おしむ】
いときりば 【糸切り歯】
いとぐるま 【糸車】
いとけない 【幼けない】
いとけない 【稚い】
いとさばき 【糸捌き】
いとづくり 【糸作り】
いとまごい 【暇乞い】
いとみみず 【糸蚯蚓】
いとやなぎ 【糸柳】
いとわしい 【厭わしい】
いとわない 【厭わない】
いとをひく 【糸を引く】
いどみかお 【挑み顔】
いなかっぺ 【田舎っぺ】
いなかみそ 【田舎味噌】
いなかもの 【田舎者】
いながらに 【居ながらに】
いなびかり 【稲光】
いなびかり 【稲光り】
いなめない 【否めない】
いなりすし 【稲荷鮨】
いぬくぐり 【犬潜り】
いぬざくら 【犬桜】
いぬのつき 【戌の月】
いぬはりこ 【犬張り子】
いぬばしり 【犬走り】
いのちがけ 【命がけ】
いのちがけ 【命懸け】
いのちごい 【命乞い】
いのちづな 【命綱】
いのちとり 【命取り】
いびりだす 【いびり出す】
いぶかしい 【訝しい】
いぶしぎん 【燻し銀】
いまさっき 【今先】
いましがた 【今し方】
いましめる 【戒める】
いましめる 【縛める】
いましめる 【誡める】
いましめる 【警める】
いまじぶん 【今時分】
いまちづき 【居待ち月】
いまでこそ 【今でこそ】
いまのうち 【今の内】
いまもって 【今以て】
いまわしい 【忌まわしい】
いみありげ 【意味ありげ】
いみきらう 【忌み嫌う】
いみことば 【忌み言葉】
いみことば 【忌み詞】
いみづける 【意味づける】
いみづける 【意味付ける】
いみぶかい 【意味深い】
いもがしら 【妹頭】
いもけんぴ 【芋ケンピ】
いやがらせ 【厭がらせ】
いやがらせ 【嫌がらせ】
いやしくも 【苟も】
いやしめる 【卑しめる】
いやしめる 【賤しめる】
いやまさる 【弥増さる】
いやらしい 【嫌らしい】
いよくてき 【意慾的】
いりたまご 【炒り卵】
いりたまご 【炒り玉子】
いりつける 【炒り付ける】
いりつける 【煎り付ける】
いりどうふ 【炒り豆腐】
いりどうふ 【煎り豆腐】
いりびたる 【入り浸る】
いりまじる 【入り交じる】
いりまじる 【入り混じる】
いれあげる 【入れ揚げる】
いれかえる 【入れ換える】
いれかえる 【入れ替える】
いれかわり 【入れ代わり】
いれかわり 【入れ替わり】
いれかわる 【入れ代わる】
いれかわる 【入れ替わる】
いれちがい 【入れ違い】
いれちがう 【入れ違う】
いれぼくろ 【入れ黒子】
いろあせる 【色褪せる】
いろおとこ 【色男】
いろおんな 【色女】
いろがわり 【色変わり】
いろけづく 【色気づく】
いろけづく 【色気付く】
いろごのみ 【色好み】
いろじかけ 【色仕掛け】
いろっぽい 【色っぽい】
いろなおし 【色直し】
いろはうた 【伊呂波歌】
いろめがね 【色眼鏡】
いろりばた 【囲炉裏端】
いろをなす 【色をなす】
いわいざけ 【祝い酒】
いわいはし 【祝い箸】
いわくつき 【曰く付き】
いわしぐも 【鰯雲】
いわしみず 【岩清水】
いわしみず 【石清水】
いわたおび 【岩田帯】
いわつばめ 【岩燕】
いわばしる 【石走る】
いんがりつ 【因果律】
いんきゃく 【韻脚】
いんきょく 【陰極】
いんくんし 【隠君子】
いんしゅう 【因習】
いんしゅう 【因襲】
いんしょう 【印章】
いんしょう 【印象】
いんしょう 【引証】
いんしょく 【飲食】
いんじゅん 【因循】
いんちょう 【院長】
いんでんき 【陰電気】
いんでんし 【陰電子】
いんりょう 【飲料】
いんりょく 【引力】

6文字以上の『い』から始まる言葉

 

ひらがな 表記
いちようおちててんかのあきをしる 【一葉落ちて天下の秋を知る】
いずれあやめかかきつばた 【何れ菖蒲か杜若】
いろじろはしちなんかくす 【色白は七難隠す】
いちらんせいそうせいじ 【一卵性双生児】
いっぽんすじがとおる 【一本筋が通る】
いたいいたいびょう 【イタイイタイ病】
いちじゅういっさい 【一汁一菜】
いっちゅうをゆする 【一籌を輸する】
いんしょうひひょう 【印象批評】
いえのころうとう 【家の子郎党】
いがんたいしょく 【依願退職】
いけずうずうしい 【いけ図図しい】
いしもておわれる 【石もて追われる】
いたれりつくせり 【至れり尽くせり】
いちひめにたろう 【一姫二太郎】
いちぼくづくりり 【一木造り】
いちようらいふく 【一陽来復】
いっきくのなみだ 【一掬の涙】
いっさんかたんそ 【一酸化炭素】
いってらっしゃい 【行ってらっしゃい】
いってんいっかく 【一点一画】
いっぱいいっぱい 【一杯一杯】
いっぱんかいけい 【一般会計】
いっぴきおおかみ 【一匹狼】
いっぽんしょうぶ 【一本勝負】
いでんしくみかえ 【遺伝子組み換え】
いでんしちりょう 【遺伝子治療】
いなおりごうとう 【居直り強盗】
いにしえーしょん 【イニシエーション】
いやくぶがいひん 【医薬部外品】
いろめがねでみる 【色眼鏡で見る】
いんしゅうんてん 【飲酒運転】
いんじぇくしょん 【インジェクション】
いいつらのかわ 【好い面の皮】
いうにいわれず 【言うに言われず】
いがぐりあたま 【毬栗頭】
いきどおろしい 【憤ろしい】
いきながらえる 【生き存える】
いきながらえる 【生き長らえる】
いけんこうこく 【意見広告】
いざよいのつき 【十六夜の月】
いしぼうちょう 【石包丁】
いしぼうちょう 【石庖丁】
いしわりざくら 【石割桜】
いそぎんちゃく 【磯巾着】
いたずらっぽい 【悪戯っぽい】
いたたまれない 【居た堪れない】
いたのまかせぎ 【板の間稼ぎ】
いちあーるえむ 【1RM】
いちいつのこめ 【一溢米】
いちえねるぎー 【位置エネルギー】
いちきゅうもく 【一休沐】
いちにちじゅう 【一日中】
いちにんしょう 【一人称】
いちねんじゅう 【一年中】
いちもくさんに 【一目散に】
いちもんおしみ 【一文惜しみ】
いちょうもみじ 【銀杏黄葉】
いちりょうじつ 【一両日】
いっかいのにく 【一塊肉】
いっかくじゅう 【一角獣】
いっきいちゆう 【一喜一憂】
いっこうしゅう 【一向宗】
いっさいきょう 【一切経】
いっしゅうかん 【一週間】
いっしゅうねん 【一周年】
いっしゅんかん 【一瞬間】
いっしょうがい 【一生涯】
いっしょうもの 【一生物】
いっしんきょう 【一神教】
いっしんじょう 【一身上】
いっちゅうぶし 【一中節】
いっちょうまえ 【一丁前】
いっちょくせん 【一直線】
いっとうぼりり 【一刀彫り】
いっぱんしょく 【一般職】
いっぽんぜおい 【一本背負い】
いとこんにゃく 【糸蒟蒻】
いどばたかいぎ 【井戸端会議】
いぬもくわない 【犬も食わない】
いのししむしゃ 【猪武者】
いのちからがら 【命からがら】
いのちからがら 【命辛辛】
いのちみょうが 【命冥加】
いやみたらしい 【嫌みたらしい】
いりあいのかね 【入相の鐘】
いろをうしなう 【色を失う】
いわずとしれた 【言わずと知れた】
いんさつきょく 【印刷局】
いんしょうてき 【印象的】
いんたーるーど 【インタールード】
いんようにゅう 【飲用乳】
いんりょうすい 【飲料水】
いいあやまる 【言い誤る】
いいあらそう 【言い争う】
いいあらわす 【言い表す】
いいあわせる 【言い合わせる】
いいきかせる 【言い聞かせる】
いいくるめる 【言い包める】
いいそこなう 【言い損なう】
いいそびれる 【言いそびれる】
いいだしっぺ 【言い出しっ屁】
いいつたえる 【言い伝える】
いいとこどり 【いいとこ取り】
いいならわす 【言い慣わす】
いいならわす 【言い習わす】
いいのがれる 【言い逃れる】
いいふくめる 【言い含める】
いいまぎらす 【言い紛らす】
いいめいわく 【好い迷惑】
いうところの 【言うところの】
いうところの 【謂う所の】
いかがわしい 【如何わしい】
いかくちょう 【胃拡張】
いかだいがく 【医科大学】
いかものぐい 【如何物食い】
いかんながら 【遺憾ながら】
いがいちょう 【居開帳】
いがらっぽい 【いがらっぽい】
いきおいこむ 【勢い込む】
いきおいづく 【勢いづく】
いきおいづく 【勢い付く】
いきおいよく 【勢い好く】
いきかみさま 【生き神様】
いきぐるしい 【息苦しい】
いきけんこう 【意気軒昂】
いきせききる 【息急き切る】
いきぜわしい 【息忙しい】
いきとうごう 【意気投合】
いぎょうどう 【易行道】
いくひさしく 【幾久しく】
いけすかない 【いけ好かない】
いけぞんざい 【いけぞんざい】
いげんびょう 【医原病】
いしかりなべ 【石狩鍋】
いしどうろう 【石灯籠】
いしゃりょう 【慰藉料】
いしゃりょう 【慰謝料】
いじかりまた 【いじかり股】
いじきたない 【意地汚い】
いずものかみ 【出雲の神】
いずれもさま 【何れも様】
いずれもさま 【孰れも様】
いせおしろい 【伊勢白粉】
いたちごっこ 【鼬ごっこ】
いためつける 【痛めつける】
いためつける 【痛め付ける】
いたるところ 【到る処】
いたるところ 【到る所】
いたるところ 【至る所】
いちいんせい 【一院制】
いちがんれふ 【一眼レフ】
いちけんしき 【一見識】
いちげんきん 【一弦琴】
いちげんきん 【一絃琴】
いちげんろん 【一元論】
いちしちにち 【一七日】
いちじしのぎ 【一時凌ぎ】
いちじのがれ 【一時逃れ】
いちじばらい 【一時払い】
いちにんまえ 【一人前】
いちねんそう 【一年草】
いちばんどり 【一番鶏】
いちばんのり 【一番乗り】
いちばんやり 【一番槍】
いちまいいわ 【一枚岩】
いちめんかん 【一面観】
いちめんしき 【一面識】
いちめんてき 【一面的】
いちもうさく 【一毛作】
いちもくさん 【一目散】
いちもんなし 【一文無し】
いちゃいちゃ 【いちゃいちゃ】
いちやづくり 【一夜作り】
いちらんせい 【一卵性】
いちりんざし 【一輪挿し】
いちりんしゃ 【一輪車】
いっかいせい 【一回生】
いっかいのど 【一塊土】
いっかのはる 【一家春】
いっかんしゅ 【一串珠】
いっかんせい 【一貫性】
いっかんばり 【一閑張り】
いっさくさく 【一昨昨】
いっさくじつ 【一昨日】
いっしゅうき 【一周忌】
いっしょくた 【一緒くた】
いっしんとう 【一親等】
いっせきがん 【一隻眼】
いっそくとび 【一足跳び】
いっそくとび 【一足飛び】
いっそのこと 【いっその事】
いっちゅうや 【一昼夜】
いっちょうら 【一張羅】
いってきます 【行って来ます】
いってんばり 【一点張り】
いっとうしん 【一等親】
いっとうせい 【一等星】
いっぱんじん 【一般人】
いっぱんせい 【一般性】
いっぱんてき 【一般的】
いっぱんろん 【一般論】
いっぺいそつ 【一兵卒】
いっぺんとう 【一辺倒】
いっぽうてき 【一方的】
いっぽんがち 【一本勝ち】
いっぽんじめ 【一本締め】
いっぽんだち 【一本立ち】
いっぽんづり 【一本釣り】
いっぽんばし 【一本橋】
いっぽんやり 【一本槍】
いつなんどき 【いつ何時】
いつのまにか 【何時の間にか】
いとあやつり 【糸操り】
いどみかかる 【挑みかかる】
いどみかかる 【挑み掛かる】
いなかじるこ 【田舎汁粉】
いなかのつき 【亥中の月】
いにんじょう 【委任状】
いぬざむらい 【犬侍】
いのいちばん 【いの一番】
いのちしらず 【命知らず】
いのちびろい 【命拾い】
いまいましい 【忌ま忌ましい】
いまがわやき 【今川焼き】
いまさらめく 【今更めく】
いまだかつて 【未だ嘗て】
いまだかつて 【未だ曽て】
いまのところ 【今の処】
いまのところ 【今の所】
いまむらさき 【今紫】
いもうとぶん 【妹分】
いもうとむこ 【妹婿】
いもちびょう 【稲熱病】
いもづるしき 【芋蔓式】
いもめいげつ 【芋名月】
いもんぶくろ 【慰問袋】
いやしんぼう 【卑しん坊】
いらだたしい 【苛立たしい】
いらっしゃい 【いらっしゃい】
いらっしゃる 【いらっしゃる】
いりみだれる 【入り乱れる】
いろえんぴつ 【色鉛筆】
いろきちがい 【色気違い】
いろどりづき 【色取り月】
いろどるつき 【色取る月】
いろはがるた 【伊呂波ガルタ】
いわずもがな 【言わずもがな】
いんきくさい 【陰気臭い】
いんげんがお 【隠元顔】
いんげんまめ 【隠元豆】
いんしょうは 【印象派】
いんたいぞう 【隠退蔵】

コメント

タイトルとURLをコピーしました