スポンサーリンク

『武田鉄矢の名言集』70選 一覧|心に残る名言・心に響く格言

『武田鉄矢の名言集』70選 一覧|心に残る名言・心に響く格言 名言・格言
スポンサーリンク

ドラマ「金八先生」や漢字を使った名言などでよく知られる武田鉄矢さんの名言をまとめて一覧にしました。

 

スポンサーリンク

武田鉄矢の名言集 一覧

 

1 『「I love you」という言葉に初めて二葉亭四迷がぶつかったとき、どう訳すか悩んだらしいんですよ。今みたいに「好き」とか「愛している」とか使わない時代ですから。それで、何と訳したと思います? 「私は死んでもいい」・・・と。』

 

 

2 『「教師」と呼ばれているのが教師ではないんですよ。生徒達から慕われているのが本当の「教師」なんですよ。』

 

 

3 『「人間」っていうのは、人と人の間で生きているから、「人間」っていうんじゃないかな。』

 

 

4 『「大切」という字は大きく切ると書きます。真っ二つにされる覚悟があるからこそ、その人のことを大切にできるんですね。』

 

 

5 『「歩」という字は、少し止まると書く。』

 

 

6 『あなたのためなら死んでもいいなんて言葉は、おいそれと使える言葉ではありません。一生に一回の言葉ですから。』

 

 

7 『あなたは笑顔が素敵です。あなたの笑顔はゲンコツを握手に変える不思議な力があります。』

 

 

8 『お袋を泣かせるのは、お産の時だけで十分だ』

 

 

9 『きみたちにはいつでも、『なぜ』

 

と考えて欲しい。』

 

 

10 『この子は泥にまみれて、必死にもがいてるんです!どうか…愛してやってください。』

 

 

11 『その代わりそのときはこの学校要覧から飾りだけの文章は文句は取っ払って下さい。』

 

 

12 『それが、すでに甘えなんだ。自分がだらしないくせに、親のせいにするな。』

 

 

13 『とどのつまりですね、愛というもの、自分の愛が人の愛の形と違うからといって、バカにするというのはこれは偏見じゃないかなあ。』

 

 

14 『どんな嘘でも、必ず嘘は不利になる。』

 

 

15 『もし君たちが、その旅の途中で道に迷ったら、どうか、私をふり返ってください。私はねぇ、この荒川のほとり、桜中学のこの教室にずうーといます。そして、次の目標が見つかったら、また私に背を向けて、どうぞ、その目標目指して、懸命に歩いて下さい。』

 

 

16 『やはり、若くて、無名で、夢のある人じゃないと龍馬は似合わない。すでに何もかも持っている人が言うと、ちょっと違う気がしますね。』

 

 

17 『愛情愛情ってあなたの愛情はムチばっかりの愛情なんだよ』

 

 

18 『悪はどこにありますか?悪はどこにありますか?警察にあるんですか?悪は。学校にありますか?路地裏のゲームセンターにありますか?違う。悪はそんなとこにない。悪はどこにあるか、皆さんの心の中に悪はあるんです。』

 

 

19 『一回や二回、失敗することありますよ人生で、その一回や二回失敗したからってみんなからつまはじきにされるってことはね、やっぱりそれは少しおかしな話じゃないか。』

 

 

20 『何でも謝って済むことではないけれど、謝れない人間は最低だ。』

 

 

21 『何でも人に聞いてすまそうとするのを横着と言います。』

 

 

22 『我々はみかんや機械を作っているんじゃないんです。毎日人間を作っているんです。人間のふれあいの中で我々は生きているんです。たとえ世の中がどうであれ、教師が生徒を信じなかったら教師は一体何の為に存在しているんですか。お願いです。教えて下さい。』

 

 

23 『我々教師が身体ごとぶつかっていけば彼らは必ず分かってくれるんです。そしてもっと正直にいえばもしそれがもしできなかったら教師は教師を辞めるべきなんです』

 

 

24 『学校には学校の名誉があるでしょうし。教師には教師の生活があるでしょう。しかし、教師が尻込みをしたら生徒は一体どうなるんですか。子どもを預けてくださっている親御さんたちにまっすぐ顔を向けられますか。』

 

 

25 『気持ちというのは、形にしないと伝わらない。』

 

 

26 『教育の限界を超えただなんてそんな人ごとみたいに。教師は教育の現場にいるんです。まして教育のプロなんです。それで給料もらっとるんです。それをそんな限界を超えただなんて甘ったれたこと言ってて良いんでしょうか。』

 

 

27 『君たちはこれから広い社会という世界に出ていきます。でもね、そこには必ず嫌いな人とかそれから考えが合わない人とか価値観が違う人に出会います。』

 

 

28 『君たちは決して良い生徒ではなかった。むしろ悪い生徒だった。しかし、悪い生徒の中にこそ美しいい魂が宿っていることをきみたちは先生に教えてくれました。先生は今度もまた君たちのことが大好きになりました』

 

 

29 『君たちは名前を持っています。これはお父さんとお母さんが未来に託した希望です。世界で一番短い美しい歌です。』

 

 

30 『言葉の暴力は、心に深い傷を与えるんです。』

 

 

31 『後になって悔しがっても始まらない。後悔とはそういう言葉だ』

 

 

32 『幸せになろうと思わないで下さい。幸せをつかみに行って、幸せをつかんだ人は1人もいません。幸せは感じるものです。』

 

 

33 『今、君たちがやろうとしていることは小さな戦争。小さな戦争につながる心なんじゃないかな。排除する方も排除される方も決して幸せにならない。』

 

 

34 『挫折にしろ、無念さにしろ、自分の能力の低さにしろ自分というものに出会ってから人生は始まる。』

 

 

35 『最後までとことん発揮してみろ、そのヘラヘラを。そしたらお前、どんな秀才より、どんなツッパリよりも、お前のヘラヘラははるかに価値があるんだ。』

 

 

36 『子は親の背中を見て育つと言います。壺見せてどうするんですか。』

 

 

37 『死ぬ、死ぬ、そう簡単に言うなよ。』

 

 

38 『死ぬことに意味を持つな。生きるんだ!』

 

 

39 『死ぬなんて言うな、お前死んだら俺は泣くぞ。』

 

 

40 『私達は死ぬために生きているんじゃない。私達はこの世の中に生まれてきたのは、生きるためです。私たちが生まれてきたのは、生きているだけで十分に値打ちがあるものとして、生まれてきたんです。』

 

 

41 『時代によって、常識も変わっていく』

 

 

42 『自分を本当に大切にできないような者には、他人をも大切にすることができない。ましてや愛する人を大切に思うこともできないんだよ。』

 

 

43 『女の子というのは不思議なことに追っかけるほどに必ず逃げていくものです。ではどうすればいいのか。物事をひっくり返して考える。つまり女の子に追っかけられるようになればいいんです。』

 

 

44 『人という字は互いに支えあってヒトとなる。』

 

 

45 『人を好きになるのは柔らかい心を持っている証拠。』

 

 

46 『人を傷つけたら、必ず自分が傷つくことになる。』

 

 

47 『人間、死ぬことに意味はない。大事なのは、どう生きていこうとしたか、その事だけ。』

 

 

48 『人間として、ひとつでも品格の高い階段をのぼれるように努力しよう。』

 

 

49 『人間の体の中でたったひとつだけ、絶対に年を取らないところがある。それは心の中の人を好きになるというところだけ、そこだけは決して人間、年を取りません。』

 

 

50 『人生で一人ぼっちほど、辛いものはありません。』

 

 

51 『人生は勝ち負けじゃない。負けたって言わない人が勝ちなのよ。』

 

 

52 『正しいという字は「一つ」「止まる」と書きます。「どうか一つ止まって判断できる人になって下さい。』

 

 

53 『大きな志を持つ者は小さな屈辱に耐えよ、耐えられるはずだ。』

 

 

54 『男って馬鹿馬鹿しい生き物で、一冊の本で人生が変わるんですよ。』

 

 

55 『男性が女性にとっていちばん魅力的に見えるときはどんなときか。何かに一生懸命に取り組んでいる姿です。』

 

 

56 『道はいくらでもある。でもな、逃げ出せば、道は1つしかない。逃げ道という道だ。』

 

 

57 『風をよけてたら、羽が強くならずに飛べなくなってしまうんだ。』

 

 

58 『勉強というのは、人間、一生やっていくものだ。』

 

 

59 『僕は僕を教えてくれた先生に裏切られても裏切られても生徒を信じるのが教師だと。そしてその答えは何十年後かに必ず出ると教えられました。教師にできることは子どもを愛してやることなんです。子どもを信じてやること。信じ切ってやることなんです』

 

 

60 『本当に好きな道なら、もっと前に進みたくなるのが人間だ。』

 

 

61 『夢見る力、これがこの国のたった一つの資源です。大いに夢を語り合って下さい。』

 

 

62 『命だけは大切にしてくれ。自分の命、家族の命、友達の命、そしてまわりにある命。こん中でなくなってもいい命なんて1つもねぇからな。』

 

 

63 『問題が起こったって良いじゃありませんか。彼らはまだ未熟なんです。だから間違うんです。間違ったら繰り返しそれは間違えだと教えてやる。それが教育なんです。』

 

 

64 『優勝の優でまさる。それをやさしいとも読むんだ。良い名前だなあ。昔さあ俺の先生が教えてくれたんだ。人の悲しみが分かってやれる人間が人より勝っている。そしてそういう人間は必ず優しい人間なんだと良い名前大事にしていけ。』

 

 

65 『友達がいるから楽しんですよ。一人で遊んで、何が楽しいんですか。友達がいるからこそ、春も楽しい、夏も楽しい、秋も、いやぁー厳しい冬だって。友達がいれば、楽しい思い出になるんですよ。』

 

 

66 『立派な人にならなくてもいいの。どうか、感じの良い人になって下さい。』

 

 

67 『流儀があるとすれば、すべて自分が基本となる。』

 

 

68 『恋愛の道はいくらでもある。でもな、逃げ出せば、道は1つしかない。逃げ道という道だ。』

 

 

69 『腕の一本や二本へし折られても仕方がないと思っている。でもただ黙って折られちゃあさ丈夫に産んでくれたお袋に悪いからさあ。』

 

 

70 『この バカチンがぁ~』

コメント

タイトルとURLをコピーしました