スポンサーリンク

【ご意見番】『マツコ・デラックスの名言集』187選 一覧|心に残る名言・心に響く格言

【ご意見番】『マツコ・デラックスの名言集』187選 一覧|心に残る名言・心に響く格言 名言・格言
スポンサーリンク

バラエティ番組や情報番組で歯に衣着せぬ毒舌トークが持ち味のマツコ・デラックスさんの名言をまとめて一覧にしました。深い言葉がたくさんありますのでぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

マツコ・デラックスの名言集 一覧

 

1 『「アレって、ある程度の思いっていうのは定まっているんだけど、想像をはるかに超える批判が出た場合は考えるんじゃない?』

 

 

2 『「いまって便利であることとか楽しくあることっていうのが、それを享受できて当然だっていう考えがベースにあるじゃない?ソコが一番ヤバいと思うんだよな』

 

 

3 『「このアタシだって頑張ってメイクをしたら一応テレビに出てもそれなりに遜色ないように見えるんだから、メイクって恐ろしい』

 

 

4 『「口紅ぐらい、時代とか流行とは別に『自分はこれが好き!』って言えるくらいじゃないと、人としてダメじゃない?』

 

 

5 『「私が入れる御棺はあるんですか?』

 

 

6 『「女の幸せの定義」なんてものはありません。もっといってしまえば、「幸せの定義」自体、存在しません。』

 

 

7 『「笑いって差別でしょう?私が自分で常に承知しているのは『私は差別されているから笑われているんだ』ってことなの』

 

 

8 『「男と女が分かり合えるなんて幻想ですよ。男と女どころか、個体と個体が分かり合うなんて幻想。だからアタシは感情は出すべきと思ってるのよ。』

 

 

9 『10年もの間、恋人がいないアタシは、「一生、独りで生きてゆく覚悟をしてるわ」なんて生意気を言ってきたし、もちろん、そうなったらなったらで狼狽えずにいたいと思ってはいるのだけれども、やっぱり傍らに誰かの存在があった方がよりすばらしい人生なのではないかって、そう素直に思えるようになったのよ。』

 

 

10 『35過ぎての初産が100%安全を保障された出産ではないことを自覚しておいたほうがいいと思う、世の中の女性達が。40過ぎて産む芸能界の方が多いから何となく簡単に思っちゃうじゃない。でも40過ぎの初産は結構命がけだったりするんですよ…ごめんなさい!おかまがこんなこと言っちゃって。』

 

 

11 『AKBを素直に受け入れてしまったら、私は何かに負けたんじゃないかっていう強迫観念がある。』

 

 

12 『JJやCanCamはファッション雑誌なんかじゃないわよ。自分で服が選べない頭の悪いOLが見るものよ。』

 

 

13 『NHKさんからは全然お仕事の依頼が来ないんですよ』

 

 

14 『Twitterというのを「気をつけてやらないと、社会問題になります」とか言ってたら「じゃあやるな最初から!」って話じゃない』

 

 

15 『ああいうことを言えちゃう健全な精神ってアタシにはなかったから「こうやって太陽の光を浴びて育った人もいるのね」と思っただけ。さらにそれを聞いて「ワーッ」と喝采しちゃう早稲田のバカ学生たちの姿を見て「ホント幸せだな、日本って」と思っただけ。』

 

 

16 『アイドルだって女優だって、キレイにしてナンボの商売なんだから整形して何がいけないのよ。整形がNGだったら日本の芸能界は崩壊するわよ。』

 

 

17 『アタシ、ももが太くて足は組めないから。』

 

 

18 『アタシはいつでも、誰かを意識し、想定し、そして暴言を吐き続けている。それで、少しでも己への嫌悪、増悪を紛らわし、心の安定を図っているのだとしたら、とんだ開き直り人生よね。』

 

 

19 『アタシはまだ、自分の本当の急所を知らないで生きている。』

 

 

20 『アタシはもう、どうにかお金を頑張って貯めて、お金で物を言わすしかないんですよ。何でもお金で解決したいと思います。1人ですからね。誰も面倒見てくれませんから。』

 

 

21 『アタシはよく判らない規格外の人』

 

 

22 『アタシみたいに自分にも他人にも厳しくなりきれない分、生き易いのと、アンタみたいに自分にも他人にも厳しい分、生きづらいのであれば、アタシは後者でありたいと切望する。たとえそれで善良の民でなくなったとしても。』

 

 

23 『アタシ朝青龍よりデカイからね。』

 

 

24 『あなたたちは年収とか数字でしか恋できないからね。』

 

 

25 『あなたの全てが劇的に変わるかもしれない2020年の特別な日とは?』

 

 

26 『アナ夕、人生、舐め腐ってるわ。幸せの意味について、考えたことある?』

 

 

27 『あのコは整形してたからもう嫌いって、アイドルとつきあえるわけないのに何言ってんだって話よ』

 

 

28 『ありのままでいいっていう風潮は良くないと思うのよ。』

 

 

29 『ある程度まで行くといろんな人を愛し始めちゃうんだよね。みんな良い人なんだって気付き始めるんだよ。』

 

 

30 『あんたグータンヌーボなんて見てるんだ。恥ずかしいねー、あんた。なーに?まだ何か夢見てる?』

 

 

31 『いい大学出ててもバカみたいな奴がいっぱいいるからさぁ、大学聞いただけじゃ信頼できないじゃない、もう。スーフリみたいなことやってた慶大生とか、世の中に出ちゃってるんでしょ?』

 

 

32 『いい年して「自分探し」をするって言って、仕事もやめて旅行に行く人って、恥ずかしい行為をしてると思うのよ。』

 

 

33 『いったいアタシは何にそんなにも怖れをなしていたのか。別に何千万人もの前で醜態を晒すことにビビっていたわけではないのよ。そんな千載一遇だったかも知れないチャンスを棒に振った真相はただ一つ、何千万人の前では平気でも、母にだけはその醜態を見られたくなかったのよ。』

 

 

34 『いま田園都市線よ。ナンバーワン底意地が悪い路線。東急のイヤらしいハイソ文化は、田園都市線が継承してるわよ。東横線を上質とか言ってると笑われちゃうよ。たまプラーザの奴らに笑われちゃうよ。「たまプラに住んでます」って言えたら、天下とったみたいに思ってるじゃない、あいつら。』

 

 

35 『ウィキペディア情報をテレビで言うのは良くないと思いますよ。だって私ウィキペディア情報だと放送大学在学中になってますからね。』

 

 

36 『うち10人くらい座れるソファがあるのよ。寂しいよぉ、そこで一人で座るの。』

 

 

37 『エビちゃんなんてモデルじゃないわよ!あんなのキャバ嬢と一緒よ。』

 

 

38 『おのずと道は開かれるのよ。』

 

 

39 『お金を貸すってことは、お金をあげるってことだと思った方がいいよ。あげたいと思える人にしか渡しちゃダメよ』

 

 

40 『カリスマ主婦は主婦にあらず。』

 

 

41 『きっとアタシは、ただ我慢の利かない短絡的なオカマよ。本当なら、これは言っていいこと、悪いことって、頭のなかで整理してから言わなければならないことを、それをする能力が欠けてしまっているに過ぎないのよね。』

 

 

42 『キワモノ上等!でも、でもなのよ。アタシ、「笑わせる」のは大好きだけど、「笑われる」のは大嫌い。が、現実は厳しくて、アタシを笑っている人の八割は、「笑わせてる」のではなく「笑われている」ことぐらいは百も承知よ。』

 

 

43 『グウの音も出ないような反論方法とは、ずいぶんと勇ましいお悩みだけど、そうね…あるといえばあるし、ないといえばないわ。そう、それは相手の愚かな挑発に乗るか乗らないか、ただそれだけのことなのよ』

 

 

44 『この程度か東大生!ああいうヤツラが官僚になって、不幸な人たちの気持ちがわからずに日本というものを運営しているからこんなことになるのよ!』

 

 

45 『こんなアタシにも「人生を指南してください」なんて企画が持ち込まれるの。でも、アタシ自身どうしたらいいか迷っているのに人サマに人生を教えている暇はありません、って断ってるわ。』

 

 

46 『こんな風に、雑誌で偉そうなことぬかしたり、テレビに出ればデブで女装なキワモノっぷりを存分に突かれてるんだから、今更どの口が言うって話なんだけど、アタシはいまだに母親と、もちろん父親とも、自分がどんな人間なのかを話したことがないわ。』

 

 

47 『コンプレックスは誰もが持っているものです。あなたとでも結婚してくれた夫がいるのであれば、どうしてその目の前にある幸せを幸せだと感じようとしないのですか?』

 

 

48 『ジャバ・ザ・ハットとか、まぁ違う意味で親近感はあるんですけど…。』

 

 

49 『ショップチャンネルは毎日がお祭りよ』

 

 

50 『そうそうそう。この会社部長だらけよ。』

 

 

51 『そのへんのセントフォースの女とは一緒にするなってことよね?』

 

 

52 『たいがい『美とは』とか語ってるのはオカマかブスよ。だってさ、きれいな女はそれでいいんだもん。自分がきれいな洋服着てきれいな顔してればさ、別に人の美なんて気にならないでしょ。』

 

 

53 『だからもう死んじゃったらいいんじゃないですか。』

 

 

54 『ただ人の成功を妬んでいるだけでは、生きている価値がありません。そして、成功イコール幸せでもないもんよ。人生とは、えらく厄介なものですね。そう、自分が幸せかどうかは、自分で決めるしかないのよ。』

 

 

55 『ただ怖いのは、「便利」っていうのが、人がものを考えなくなったこと。歩いて努力をすることをしなくなった。人間が止まった気がするのよね。』

 

 

56 『ダメだよ、何でも真実を探求したら。』

 

 

57 『ダメ男をつかんだのもアナタなら、手放すのもアナタ次第なのよ。』

 

 

58 『だれもが良い夫、良い妻を見つけ社会的にも経済的にも安定しながら生活したいもの。その一方で奔放な生活、特に奔放な性生活も楽しみたいというのは両立しません。それは非常に図々しい話です。』

 

 

59 『ちょっと辛いことがあったとしても、すぐ坊主にしちゃダメよ。』

 

 

60 『デブだからって人付き合いを避けないで。大人は人格や仕事で評価するのよ』

 

 

61 『デブは山に登らないんだよ!』

 

 

62 『デブもここまでくれば、自慢せずにはいられないの。相撲取りでもプロレスラーでもなければ、大食い選手権やフードファイトクラブからのお誘いの声もかからない、ただのデブよ』

 

 

63 『でもね、でもよ。自分さえ信じちゃいない若い子が多いって言うけど、自分のこと信じるなんてのは、罵られ、知らんぷりされ、踏んづけられるような思いをし、それでもバカみたいに、勘違いでもいいから本当の自分とやらを見つけるために彷徨った挙げ句、その遥か先にほんの少し、うすぼんやりと見えてくるようなものじゃない』

 

 

64 『でも私ね「ありのままでいい」っていう風潮は良くないと思うのよ』

 

 

65 『テレビで稼がせてもらっているんだったら“テレビだけやろう”っていうのが私と事務所の方針』

 

 

66 『ときめかないのは、お互い様。それを救うのは、無償の愛』

 

 

67 『どんな便利なモノも、バカが使うとこうなるのよ』

 

 

68 『ネットの書き込みとほぼ変わらないことを大きなメディアがし始めちゃった』

 

 

69 『のりピーが本格復帰するときは、その第一声で「クスリをいただきマンモスして、ラリピーしちゃった。悪かったピー」と話してほしいね』

 

 

70 『ビッグダディを見て悪影響を受けるような子供は、最初からどんなテレビを見てもバカになるよ。』

 

 

71 『ひっそりと「ありがとう」と思ってればいいのよ』

 

 

72 『ファンモンの歌詞みたいなのは、アタシたちみたいに地下を歩んできた人間には眩しすぎるんですよ』

 

 

73 『ヘッドホンして自転車乗ってる時点で自殺行為。例え事故ったとしても、言い訳しちゃいけないと思う』

 

 

74 『ほーら、叩けば埃だらけだぞ』

 

 

75 『ほかの出演者と同等に扱われる為には、同性愛者でもなければ、もちろん女装癖でもない彼ら、彼ら以上の力を手に入れなければならないって。』

 

 

76 『ホントに「きょうの出来事」が好きだったの。だから、「NEWSZERO」なんてウンコみたいな番組に代わったときは、ショックだった。』

 

 

77 『ホントの事言うっていうのは優しいんだよ』

 

 

78 『ホントは優先席なんてなくても全席そうじゃなきゃいけないのにね』

 

 

79 『まだまだ日本は捨てたもんじゃないわよ。』

 

 

80 『もうお金が全てを解決してくれる時代は過ぎちゃったのよ。日本てのは政治がどんなになかろうが、経済が何もかも支えてくれる国だったから、リーダーなんて誰でも良かったのよ。超経済大国として、それだけでやっていけた。』

 

 

81 『もちろん、「2ちゃんねる」のような場所にもちゃんとした人はいるのだろうし、建設的な意見交換や有意義な情報交換、面白い話だってあるのだとは思うけれども、それでも、アタシは絶対に見ないようにしているの。』

 

 

82 『もっといろんな人に感謝して生きよっ。』

 

 

83 『やってなかったとしてもさ、この年になってこの感じになっちゃってたら、もうやらずに済んじゃってた気がすんだよね。』

 

 

84 『よく、オカマは何を言っても、何をやっても許されるから羨ましい、なんてことを言われるけど、それはアタシも重々、治外法権であることの有り難みを感じつつ、男でも女でもないところの隙間を、緩く漂わせて頂いているわ。もちろん、その実相は、男からも女からも、自分には関係のない生き物、別の社会と見なされているからこその治外法権、それであることも理解しているつもりで、要は、みなさまにとっては他人事を延々と叫んでるに過ぎないんでしょうね』

 

 

85 『ランチの客ってのはね、ランチにしか来ないものなのよ。』

 

 

86 『リラックスしたい!って思ってる人は一生できないよ。リラックスしようしようと思ってたら緊張しちゃう。なんも考えずにもう今日は1日だらけてよう、とか、社会に対して無責任に生きよう、とか思ったら自然とリラックスしてるわよ。』

 

 

87 『意地張って生きて何が悪い!』

 

 

88 『一般の夫婦がいつまでたっても夜の営みがお盛んでいるということは統計的に考えても現実的ではないのです。なので、身体の関係を超えた夫婦愛を築いていくことが必要。』

 

 

89 『飲みかけのジョッキとか飲めたもん。全然平気。』

 

 

90 『運転って生き方出るんだぞ!』

 

 

91 『横浜は中区と西区しか横浜って言わないの』

 

 

92 『化粧もできないし自分で洋服とかもないけど女装したい、って人が女装できる場所があるのよ。エリザベス会館とかいろいろ。』

 

 

93 『何でもかんでも久石譲に頼むな。』

 

 

94 『何百万人、何千万人に指をさされ笑われるのは屁でもなくても、アタシを生んだってだけで、母までもが指をさされ笑われるのは、どうしても耐えられなかった。見て見ぬふりはできなかった。だからアタシは、できるだけ一人でも母を指さす人が少なくなるよう準備をして、メディアで醜態を晒す準備をし、万全とは言わないまでも、ゆっくりと時間を掛けて今の状況に持っていったのよね。』

 

 

95 『加えて、浮気において男女は不平等です。女性の浮気の方が「非道徳」とされてしまうのが今の日本です。』

 

 

96 『絵空事のような爽やかな雰囲気をちょっとでもブチ壊せたらいいなと思っています。』

 

 

97 『楽しかろうが楽しくなかろうが何かに挑戦し続けてるって事が大事だってことが分かったの』

 

 

98 『葛飾について「寅さんと…あと、何があるの!?」葛飾が下町と言われていることにも触れて「下町じゃない、田舎だ!」「寅さんがあったことで全部美化している。葛飾の人っていうのは!」「もう全部、寅さんにおんぶにだっこよ!」』

 

 

99 『完璧な幸福の下に生きてる人なんていない』

 

 

100 『簡単にモテちゃう「いい女の極意」なんて虫のいい話はありません!』

 

 

101 『頑張ってればいいっていう風潮はよくないわよ。』

 

 

102 『期待してるの?つまんないチョコレートあげて何もらおうとしてんのよ。』

 

 

103 『禁煙するしないは別にして、ちょっと自分を律しないと、次の段階にいけないとは思ってる。』

 

 

104 『恵比寿はクソみたいな街よ』

 

 

105 『警察ってイライラすることも多いけどさ、大使館の前とかに立ってるまだ新入りのお兄ちゃんとかカワイイよね』

 

 

106 『芸能界は整形でも人造人間でもなんでもいいと思うのよ。あのコは整形してたからもう嫌いって、アイドルとつきあえるわけないのに何言ってんだって話よ。』

 

 

107 『結果は、惨敗よ。まともにコメントしたところで、結局はアタシの化け物っぷりが強調されるだけで、本当にただただ醜態を晒すだけになってしまい、良心に申し訳ない、全国の同性愛のみんなに申し訳ないって、一人になった途端に号泣したわ。』

 

 

108 『結局はさ、あんな刹那的なことを言いながらも、きっと、ちゃんとした人間に見られたいとか、社会と順応して生きていたいとか、もっと言ってしまえば、報われたいみたいな所懐があったんだと思うのよ。好き勝手やってるくせに、ホント高慢ちきな輩だよ。』

 

 

109 『結婚が本当のゴールなのかしら?その相手と一緒にいる意味があるのかしら?』

 

 

110 『嫌いは好きの裏返し。本当の嫌いはさようなら。』

 

 

111 『元の私って何なんだろうって思う時がある。』

 

 

112 『己を知ることは重要よ。』

 

 

113 『幸せが何かって考え出したら、生きてくのが苦しくなるだけよ』

 

 

114 『幸せの定義なんて存在しません。切りがないのよ、幸せもお悩みも。』

 

 

115 『今の世の中、お金がなかったらのたれ死ぬしかないのよ。ひどい話よ、本当に。』

 

 

116 『今日どうしてもいじめられたいっていう時に、ホームページを見て認可か無認可か調べてるようなそんな殿方はいないでしょ。』

 

 

117 『埼玉スタジアムで上半身裸になって毎週バカ騒ぎしてるヤツと、渋谷のスクランブル交差点でバカ騒ぎしてるヤツはどこが違うんだって話よ。』

 

 

118 『賛沢をさせる必要はないけど、親の不仲が理由で子供をさもしい気持ちにさせちゃダメ。』

 

 

119 『四の五の言わずに生活していかなきゃいけないものなの、人間というのは。それに理屈なんてないから。』

 

 

120 『子育てって面倒くさいことの連続よ。子育てに限らず、生きるってことは、面倒くさいことを次々と乗り越えてゆくことよ。でも、それらから眼をそらし続けてゆけば、親子関係も、お母さん自身も、そしてもちろんお子さんも、現実を直視することのできない人間になってしまうわ。面倒くさいことを回避しては絶対に生きてゆけないの。頑張って、面倒くさいことを』

 

 

121 『子連れで別居の時は、お金に困らないことを最優先に。』

 

 

122 『私たちなんてあれよね。某遊園地は入れてもらえないのよ』

 

 

123 『私の旦那だけは、私の彼氏だけは浮気はしないはず。そう思っている人は少なくないのではないでしょうか。結論から言うと、男の浮気癖は治りません。大多数の男はココロとカラダは別物なのです。』

 

 

124 『私はアマチュアのデブです。プロのデブは相撲取りだけです。』

 

 

125 『私はマスメディアの犬です』

 

 

126 『私思ったの。常に新しいことをし続けてないと人間ってダメになっちゃうなって。』

 

 

127 『視野を拡げるってね、どんな状況にあっても知りたいと思ったことから始まるんじゃない?まずそれがないのに視野を拡げるってことだけ言っててもどこにいようが何してようが一緒よ。』

 

 

128 『慈悲の精神があるってのは、ある意味すごく偉そうなことよね。仏が俗世の人間たちを哀れむようなものなんだから、アンタに慈悲の精神があるって言われたアタシは、きっとどこかで哀れな人たちを見下しているのかも知れないわ。』

 

 

129 『自分が卑屈だったり、報われなかったりするから何もかも怒りになって、全員が敵になってやれていた芸当だったと思う。』

 

 

130 『自分の幸せに限界があることに気づいたの。』

 

 

131 『自分の将来考えると恐ろしいんだけどね。こんな女装渡世、国がちゃんとしてくれているからどうにか生きてるようなもんで、混乱の世にホモやシングル女、ましてや女装なんて邪魔なだけだもの。20年後、もし国がめちゃくちゃになっていたら、隠れホモ化しているか、女装で新宿を徘徊しているか、自分もどうなっているかわからない。』

 

 

132 『自分の理解できないことっていうのは恐怖じゃない?それをうまく理解させてあげられる人が優秀な人なんじゃないの?』

 

 

133 『自分を投影できるのよ。つまーんないバカみたいな歌詞じゃないのよ。限定的なさぁ、女子高生の失恋しか想像できないようなウンコみたいな歌じゃないのよ。』

 

 

134 『七夕なんか全部作り話だしね』

 

 

135 『質問に質問でかえすのは政治家の常套手段じゃない、あいつら!あっ、あいつらって言っちゃった。』

 

 

136 『寂しい女はみんなショップチャンネル見てるのよ。ショップチャンネルは毎日がお祭りよ。』

 

 

137 『周りにいる殆どの夫婦、ごく普通の夫婦はいつまでたってもラブラブではありません。一般の夫婦がいつまでたっても夜の営みがお盛んでいるということは統計的に考えても現実的ではないのです。なので、身体の関係を超えた夫婦愛を築いていくことが必要です。』

 

 

138 『渋谷ってねぇ、デブに冷たい街よ。渋谷って谷底にあるでしょ?どこ行くにも坂登るでしょ。青山のあたりから松濤のあたりまで埋めちゃえばいいのよ。何で銀座線は上走ってるんだよ。おかしいだろ?銀座線が埋まるくらい土で埋めりゃいいのよ。』

 

 

139 『女であることに悦び、女であることに嘆き、女であることを叫び続けるアンタを見ていると、何でだかアタシ、ちょっとばかり悔しいんだよ。』

 

 

140 『女の人が男になろうって無理をせずに、男と同じ権利が与えられる世の中にならないと、ほんとの平等じゃない』

 

 

141 『女は年くってからのほうが性欲が強くなるのよ』

 

 

142 『女性って途中からケンカしてる自分が好きになってくるんだよね。』

 

 

143 『小さいものはカワイイ? …アタシのこと全否定する気!?』

 

 

144 『小雪の1億倍はハイボール飲んでるわよ?何でアタシにCM来ないのよ。』

 

 

145 『親は身の程を知れ。ブサイクなお前の娘がシンデレラなんかできるわけないでしょ。』

 

 

146 『身長180センチじゃなきゃ嫌っていうバカみたいな女はそうはいないってことよ。』

 

 

147 『人を笑わせる行為って、最も客観性が必要なことよね。しかもそれってとても自虐的要素の強い作業で、己が人様からどんなふうに見られているのか、何を求められているのかを冷静に判断できなければ、そこに笑いは生まれない。客観性って、いかに自分を曝け出せるのか、嘘を付けずにいられるのかなんだろうね』

 

 

148 『人間には自由があり、そして節度があるのです。』

 

 

149 『人生ってそんなに面白いことない。』

 

 

150 『垂れ流しにした己の自意識に人様が反応してくれて、それでおまんまが喰えればきっと幸せになれる、そう信じてきたのに、急に達磨落としのだるまになったようなもんで、この巨体だし、落ちたら結構痛かったのよ。』

 

 

151 『水分、一日に4リットルくらい摂る』

 

 

152 『生きる事は、辛いことの連続です。』

 

 

153 『千葉とか埼玉とかが一番クセが悪いよね。東京のおこぼれをもらってるだけの県よ。かといって神奈川がうらやましいかっていうと、神奈川は嫌いなの』

 

 

154 『他人と四六時中一緒にいるなんて、とても考えられない。ずっと1人でいたいの。』

 

 

155 『大学生の恋なんて10年経ったらクソみたいなもんよ。たいしたことないんだって、あとから考えたら』

 

 

156 『誰でもいいからそばにいてほしい時と、仕事が順調で満たされてる時じゃ、同じ男でも全然違うじゃん。だから無理して恋愛することないと思うんだよね』

 

 

157 『誰もが良い夫、良い妻を見つけ社会的にも経済的にも安定しながら生活したいもの。その一方で奔放な生活、特に奔放な性生活も楽しみたいというのは両立しません。それは非常に図々しい話です。』

 

 

158 『暖房使うより冷房のほうが光熱費はかからないのよ。デブにはデブなりのエコがあるのよ。』

 

 

159 『男と女が分かり合えるなんて幻想ですよ。男と女どころか、個体と個体が分かり合うなんて幻想。だから私は感情は出すべきと思ってるのよ』

 

 

160 『男はたとえ自分の妻や彼女を愛していても、彼女らがいない所では「擬似種付け」をしたいものなのです。そしてそれは悪気がない遊びなのです。そもそも、悪気があったらそれはもう遊びではないのですが。』

 

 

161 『男女の性差というものが、近年音を立てて崩れていってる。いま男にもそういうヤツいっぱいいるからね。』

 

 

162 『知らない方がイイ事だらけよ、人生なんて』

 

 

163 『鳥を飼うとか考えられないわよ。クチバシとか生えてる連中よ、どうやって愛せるのよ。』

 

 

164 『投票行けって言っても面倒くさいヤツは行かないんだから、面倒くさいを上回る何かがないと。アタシ投票所にフンドシしめた日体大生とかいたら喜んで行くわ。』

 

 

165 『当サイトコラム開運日!吉日や凶日一挙紹介!日取りや日柄の2020年カレンダー』

 

 

166 『動物とコミュニケーションをとる必要ある?』

 

 

167 『同居でも別居でも、打算が必要。自分の意見を伝えないと後悔するわよ。』

 

 

168 『同性愛者にだって異性愛者にだって、いい奴もいれば悪い奴もいる。同性愛だから自分を悪いなんて思っちゃ絶対にダメよ。同性愛者だから特別なことなんて何ひとつないの。同性愛者だからって劣っていることもなげれば、かといって、同性愛者だからって優れていることもない。ただの人間よ。』

 

 

169 『毒気ってなくなったと思うもん自分で』

 

 

170 『鈍感であることって大事じゃない?幸せにおいて。』

 

 

171 『日本の女はアイライン細すぎよ!アイラインは5mmよ!日本の女。』

 

 

172 『能年玲奈は自分と同じ生物のはずなのにどういうことだと思う?この差はどうして生まれたんだと思う?』

 

 

173 『琵琶湖を埋めちゃうってどう?』

 

 

174 『勉強さえしてれば幸せになれるのかしら?将来をちゃんと考えているかが重要よ。』

 

 

175 『褒められても「本心じゃないだろどうせ」って思うし、けなされると「コイツ一生恨んでやる」って思うし、だからもうダメなのよアタシ、人として。』

 

 

176 『豊島区なんて昼間の人口の8割ぐらいが埼玉県民になるのよ。』

 

 

177 『北島三郎さんっていうアイコンを失った「紅白」は、あたし観たときに「紅白」って認識できるのかなって思うのよ。』

 

 

178 『本当に24時間女装して過ごそうかなって思ってるくらいなのよ。』

 

 

179 『本当にバレたくないところは本当に明かさないよ。女ってのは。』

 

 

180 『本当に友達なのかしら?金の切れ目が縁の切れ目よ。』

 

 

181 『毎日笑いが起きてる家庭なんてこの世に一軒もないよ!』

 

 

182 『迷惑をかけてしまった人に謝るならわかるけど、なんで芸能人は全国民に向けて謝んなきゃいけないの?』

 

 

183 『面倒くさいことを回避しては絶対に生きてゆけないの。頑張って、面倒くさいことを』

 

 

184 『目立ちたいとか、愛されたいとか、報われたいとか、アタシの救いはそんな簡単なものじゃない、なんて格好のいいことを言いたいのはやまやまだけれども、結局のところ、直接的に言ってしまえばそういうことなんだわ、きっと』

 

 

185 『夜中の3時くらいにおやき焼いてるおばあちゃんとか出てきちゃうとさ、思わず買っちゃうのよ。』

 

 

186 『余計なことはしないことがいいのかもね人生。』

 

 

187 『臨機応変にやれる子じゃないとあんな底意地の悪い仕事できないわよ。』

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました