『ココ・シャネルの生き方がわかる 名言集』140選 一覧|心に残る名言・心に響く格言

『ココ・シャネルの生き方がわかる 名言集』140選 一覧|心に残る名言・心に響く格言 名言・格言
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ココ・シャネル(Coco Chanel)は日本では知らない人がいないであろうフランスのファションブランド「シャネル』のデザイナーで企業家です。彼女が創設したシャネルブランドは世界有数のファッションブランドとして現在も営業しています。 ここでは、20世紀初頭からファッションデザイナーとして活躍し、亡くなるまで世界の代表的なファッションデザイナーであり続けた彼女の力強い生き方を表す素晴らしい名言を紹介していきます。。

 

 

スポンサーリンク

ココ・シャネルの生き方がわかる 名言集 一覧

 

1. 20歳の顔は自然から授かったもの。30歳の顔は自分の生き様。だけど50歳の顔には、あなたの価値がにじみ出る。

 

 

2. アイディアは街にある。

 

 

3. あえて一人でいることを大切にする時もあっていい。自分の価値観を他人にあれこれ言われたりするのは嫌だし、ましてや整理整頓することなどやめてほしい。

 

 

4. あなたはわたしをはじめ、他の人たちに夢を与えなければいけないのよ。それがメイクもせず、ちゃんとした格好もしないのなら、お掃除でもしていなさい。

 

 

5. いい靴を履いた女性は決して醜くならない。

 

 

6. インテリアは心の表れよ。

 

 

7. エメラルド。彼はその石ころでわたしを買うつもりだったの。だからわたしは彼の目の前で、それを踵で踏みつぶしたの。

 

 

8. エレガンス とは、青春期を抜け出したばかりの人間がもつ特権ではありません。それは、すでに将来を手に入れた人間がもつ特権なのです。
Elegance is not the prerogative of those who have just escaped from adolescence, but of those who have already taken possession of their future.

 

 

 

9. エレガンスとは拒絶すること。

 

 

10. エレガントでありながら、行儀を悪くする、つまり、くずすには、まず第一に礼儀正しい基礎がなければならない。

 

 

11. お金が欲しいという欲望から始まって、次に働きたい意欲にかられる。そして働くことは、お金それ自体よりも、もっと強い興味の対象となってゆく。お金は結局、独立のシンボルという意味しか持たなくなる。

 

 

12. お金は、儲けるために夢中になるものではなく、使うためにこそ夢中になるべき。

 

 

13. かけがえのない人間になるには、常に他人と違っていなくちゃ。
In order to be irreplaceable one must always be different.

 

14. きれいさは年齢的にも損なわれやすいけど、美しさというのは磨けば永遠に手に入るものよ。

 

 

15. コツコツ真面目に働いたから成功したの。

 

 

16. この世でいちばん素晴らしい色は、あなた自身を輝かせる色。

 

 

17. ショートカットが流行ったんじゃない、わたしが流行ったのよ。

 

 

18. シンプルさはすべてのエレガンスの鍵。
Simplicity is the keynote of all true elegance.

19. スタートが不幸だったことなんて、私はまったく恨んでいません。

 

 

20. すべては私たちの手のなかにあるのだから、それを失わないようにしないとね。

 

 

21. すべてを失くし、ひとりぼっちになったとき、いつでも相談できる友人をひとり持つことね。あとは仕事よ。

 

 

22. そのうち扉に変わるかも知れないという思いに囚われて、壁をたたき続けるようなことに時間を費やしてはいけません。

 

 

23. そのモードを作り上げて、わたしは夜、外出するようになった。いや、夜、出て歩くようになったからこそ夜用のモードを作ったのよ。

 

 

24. その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ。
You never know, maybe that’s the day she has a date with destiny. And it’s best to be as pretty as possible for destiny.

 

 

 

25. たくさんの色を使えば使えば使うほど、女はかえって醜くなるということに女たちは気がつかない。

 

 

26. ただの金持ちと真に豊かな人がいる。

 

 

27. ただの人じゃなく、ひとかどの人物になろうと思ったら、ずいぶんたくさんの人が離れていくものよ。

 

 

28. どこへ出かけるときでも、おしゃれをしたり、化粧したりするのを忘れないようにね。最良の人に、いつどこで逢うかわからないから。

 

 

29. ドレスはあなたを、今日一番の敵のところへ向かわせる。

 

 

30. ハンドバッグを手に持っていると疲れちゃうし、よくなくすもんだから、革紐をつけて肩からさげたの。そうしたら、みんなが真似したわ。

 

 

31. ファッションデザイナーは職人なのであって、芸術家にはなり得ない。

 

 

32. ファッションとはドレスのなかだけに存在するものではありません。空にも、ストリートにも存在しています。ファッションとは、アイデア、生き方、現在の出来事と関わっているのです忘れられる運命にあるから、次のファッションが生まれるのよ。

 

 

33. ファッションの目的は2つ。心地よさと愛。ファッションがうまくいったときに、美しさがやってくる。
Fashion has two purposes: comfort and love. Beauty comes when fashion succeeds.

 

 

 

34. ファッションは建築。全体のバランスが重要なの。

 

 

35. みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。でもそれが私の成功の鍵。みんなと同じ格好をしなかったからよ。

 

 

36. モードというものは忘れられて、はじめてビジネスになる。右』と言ってしばらくして、左』と言うような、相反する提案をすることもある。モードは芸術作品のように眺めるものではなく、実用品でもあり、時代の空気を反映するものだから。

 

 

37. モードは服にだけあるものではなく、空気の中にもあって、風も持ってくる。空にも舗道にも、どこにでもある。

 

 

38. よい服は体の動きに沿ってこそ、服なのよ。

 

 

39. ラグジュアリーとは心地いいもの。そうでなければラグジュアリーとはいわない。

 

 

40. わたしにとって一日ごとに、ものごとは単純になっていく。なぜなら、一日ごとに何かを学ぶから。

 

 

41. わたしには、羞恥心がある。羞恥心はフランスのもっともよき美徳である。羞恥心の欠如は、堕落でしかない。みんなにこの羞恥心を取り返してやりたいものです。

 

 

42. わたしの最上の友は本である。ラジオが嘘つき箱とすれば、本は宝物よ。

 

 

43. わたしの頭を切ってみてごらんなさい。中は13歳よ。

 

 

44. わたしの服は、着る人を若く見せるのよ。

 

 

45. わたしはダイヤを選んだ。なぜなら、ダイヤは最小のボリュームで最大の価値を表現しているから。

 

 

46. わたしはマドモアゼル・シャネルという一個人よ。

 

 

47. わたしは自分のつくり出したアイディアが、他人によって実現された時の方が嬉しくさえあるわ。

 

 

48. 愛がなくなったのに、一緒にいることほど惨めなことはありません。

 

 

49. 愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。相手の男の重荷になるべきではないわ。

 

 

50. 屋根裏も宮殿も経験していて、どちらにも住める。今いちばん欲しいのは良いテーブルだけ。

 

 

51. 下品こそこの世でもっとも醜い言葉。私はそれと闘う仕事をしています。

 

 

52. 下品な服装は服だけが目につき、上品な服装は女を引き立たせる。
Dress shabbily, they notice the dress. Dress impeccably, they notice the woman.

 

53. 何であれ中途半端で終わらせたことなどないのよ。

 

 

54. 何ひとつ死にはしない。砂粒ひとつだって。だから、何ひとつ失われるわけではないの。わたし、こういう考え方が大好き。

 

 

55. 家で待つだけの女になってはいけない。

 

 

56. 家を出る前に鏡を見て、身につけているアクセサリーをつ外して。

 

 

57. 気品というのは新しいドレスを着ることではない。

 

 

58. 記憶力のない人たちだけが、自らのオリジナリティを主張しようとする。

 

 

59. 欠点は魅力のひとつになるのに、みんな隠すことばかり考える。欠点はうまく使いこなせばいい。これさえうまくいけば、なんだって可能になる。

 

 

60. 決して変えられないものがある。私は一流をつくりたいの。

 

 

61. 古い服は大切な友人のようなものよ。

 

 

62. 口紅は、落ちる過程にこそ、ドラマがある。

 

 

63. 香りは自分のスタイルを完成させるための雄弁なコスチューム。

 

 

 

 

64. 香水は、女にとって第二の、それもとびきりセクシュアルな服。

 

 

65. 香水はあなたがキスしてほしいところにつけなさい。

 

 

66. 香水は本当の贅沢です。自分にふさわしい香りを選び、ほのかに香らせるだけで印象が変わります。

 

 

67. 香水をつけない女性に未来はない。
A women who doesn’t wear perfume has no future.

 

68. 香水をつけない女性に未来はない退屈な女になってはダメ。

 

 

69. 黒にはすべてがある。白も同じ。その美しさは絶対的なもの。それが完璧なハーモニー。
Black has it all. White too. Their beauty is absolute. It is the perfect harmony.

 

70. 今もなお、最も勇気のいる行動とは、自分の頭で考え続けること。そしてそれを声に出すこと。
The most courageous act is still to think for yourself. Aloud.

 

 

 

71. 最も勇敢な行為は、自分で考え続けること。そして声に出すこと。

 

 

72. 仕事が好きなのよ。服作りでなくたってよかったくらい。

 

 

73. 仕事をしていないことで、ものすごく老け込んだ。

 

 

74. 仕事をするようになったら、病気もすぐ治った。

 

 

75. 私が愛しているのは家じゃない。その家に住んでいるという私の人生を愛しているの。

 

 

76. 私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの。
My life didn’t please me, so I created my life.

 

77. 私は好きなことしかしない。私は自分の人生を、自分が好きなことだけで切り開いてきたの。

 

 

78. 私は男にとって鳥以上の重たい存在になりたかったの。

 

 

79. 私は男の人に小鳥の重さほどの負担もかけたいと思ったことはないわ。

 

 

80. 私は日曜日が嫌い。だって、誰も働かないんだもの。

 

 

81. 私は流れに逆らって泳ぐことで強くなったの。
I grew strong by swimming upstream against the current.

 

82. 私は流行をつくっているのではない。スタイルをつくっているの。

 

 

83. 私は贅沢が大好きです。贅沢とは、お金を持っていることや、けばけばしく飾り立てることではなく、下品でないことをいうのです。下品こそ、もっともみにくい言葉です。私はこれと闘う仕事をしています。
I love luxury. And luxury lies not in richness and ornateness but in the absence of vulgarity. Vulgarity is the ugliest word in our language. I stay in the game to fight it.

 

84. 時代が私を待っていたの。私はこの世に生まれさえすればよかった。時代は準備完了していたのよ。

 

 

85. 自分が好きでないことはすべて反対、つまり好きだと思うことによって、私は自分の人生を切り開いてきた。

 

 

86. 自分に似合う色が、いちばんいい色なの。

 

 

87. 失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。

 

 

88. 実際にどう生きたかということは大した問題ではないのです。大切なのは、どんな人生を夢見たかということだけ。なぜって、夢はその人が死んだ後もいき続けるのですから。

 

 

89. 醜さは許せるけど、だらしなさは絶対に許せない。

 

 

90. 住居は監獄ではない。装飾する自由を取り戻しなさい。

 

 

91. 出かける前に、何かひとつ外したら、あなたの美しさは完璧になる。

 

 

92. 女は40を過ぎて始めておもしろくなる。

 

 

93. 女はを過ぎて初めておもしろくなる。

 

 

94. 女は黒と白以外のすべての色を考えつく。黒にはすべてがある。白も同じ。その美しさは絶対的なものであり、完璧なハーモニーを奏でている。

 

 

95. 女性が少しも身なりを整えずに街へ出てはだめよ。その日、運命の人と出会うかもしれないじゃない。だからできるだけ可愛くあるべきだわ。

 

 

96. 女性とはこの二つであるべき。洗練と素晴らしさ』。

 

 

97. 女性は上品で素晴らしくあるべき。

 

 

98. 食べるために働いてるんじゃないわ。

 

 

99. 真の寛大さとは、忘恩をも受け入れること女性は大勢集まったときに、はじめて一人ひとりの個性や美しさが際立つの。お花畑を見たらすぐわかることよ。

 

 

100. 真似されたら、また創ればいいし、しょせんモードは移ろいやすい商品よ。芸術作品じゃないのだからね。

 

 

101. 神様がわたしにくださったいちばん素晴らしい才能は、愛の共通の感情のひとつである嫉妬心というものを知らずに放っておいてくださったことかしら。

 

 

102. 人にはきれいだって言われることなんて、ほとんどなかったけど、そんなこと知ったことじゃないわ。どうでもいいの。生まれるのが20年早すぎたと思ってるからねえ、わたしは続けたいの、続けて、勝ちたいの。

 

 

103. 人に気に入られるような、自分だけの香水をつける必要があるわ。

 

 

104. 人は怠惰の中で醜さに慣れてしまう。

 

 

105. 人生がわかるのは、逆境のときよ。

 

 

106. 人生は度きり。だから思いっきり楽しむべきよ。

 

 

107. 睡眠は7時間か8時間は必要。窓は開けたまま寝ること。早起きして仕事は一生懸命やりなさい。夜更かしは禁物。耳や目、考えや神経を研ぎ澄ましておきなさい。世更けすぎに面白いことなんか何もないから。

 

 

108. 世の中には、お金持ちな人と豊かな人ってのがいるわ。
There are people who have money and people who are rich.

 

109. 成功は、多くの場合、失敗が不可避であることを知らない人によって成就される。
Success is most often achieved by those who don’t know that failure is inevitable.

 

110. 成功は毎日コツコツと働き続けた賜物。アラジンの魔法のランプではあるまいし、おとぎ話のように思うのは的外れ。計算するときはいつも5本の指を一つひとつ折って数えていった。商才なんてないの私は日曜日が嫌い。だって、誰も働かないんだもの。

 

 

111. 素朴な疑問を持つ力は、専門的な知識がありすぎなかったことが幸いしている。

 

 

112. 装いは科学、美しさは女の武器。謙虚さこそがエレガンスよ。

 

 

113. 装うことは素敵。けれど装わされることは哀しい。

 

 

114. 大恋愛も、耐え忍ぶことが大切です。

 

 

115. 男がほんとうに女に贈り物をしたいと思ったら結婚するものよ。

 

 

116. 男の人に小鳥の重さほどの負担もかけたいと思ったことはないわ。
I never wanted to weigh more heavily on a man than a bird.

 

 

 

117. 男はいつでも心配や不安を与えた女性のことを覚えているものよ。

 

 

118. 男は子どものようなものだと心得ている限り、あなたはあらゆることに精通していることになるわ。
As long as you know men are like children, you know everything.

 

 

 

119. 男は女を手に入れれば、すぐ、その女に退屈するものだから。

 

 

120. 男性の権力は、その遺伝子ではなく、経済力に由来する。

 

 

121. 遅れても、やること。

 

 

122. 昼は毛虫に、そして夜は蝶におなりなさい。毛虫ほど楽なものはありません。そして蝶ほど恋にふさわしいものもありません。わたしたち女には、這いまわるためのドレスと、飛ぶためのドレスの両方が必要なのです。

 

 

123. 天分は、持って生まれるもの。才能は、引き出すものよ。

 

 

124. 働けていることへの感謝を忘れて、そんなに働きたくないなら、働くのをやめなさい。働かないことがどんなにみじめなことか、知るがいいわ。

 

 

125. 扉に変わるかも知れないという、勝手な希望にとらわれて、壁をたたき続けてはいけないわ。
Don’t spend time beating on a wall, hoping to transform it into a door.

 

126. 美しさは、あなたがあなたらしくいると決めた時に始まる。

 

 

127. 美しさは女性の「武器」であり、装いは「知恵」であり、謙虚さは「エレガント」です。

 

 

128. 服の優美さは、身動きの自由さにある。

 

 

129. 壁が扉に変わることを望みながら、そのドアを叩き続けてはいけない。

 

 

130. 宝石をつけることで女が豊かになるわけではない。

 

 

131. 未だに最も勇気ある行動とは自分自身で考えること。そして声に出すことですどこへ出かけるときでも、おしゃれをしたり、化粧したりするのを忘れないようにね。最良の人に、いつどこで逢うかわからないから。

 

 

132. 目がその人の魂を映すものと認めるなら、なぜ唇が心の代弁者だと認めないのかしら。

 

 

133. 優しさに包まれてする仕事なんて、本当の仕事じゃない。怒りがあって、はじめて仕事ができるのよ。

 

 

134. 翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために、どんな障害も乗り越えなさい。

 

135. 流行とは時代遅れになるものよ。

 

136. 流行は色褪せるけど、スタイルだけは不変なの。

 

137. 流行は変化していくもの。だけどスタイルは永遠。

 

138. 良い第一印象を作るチャンスは二度とないわ。

 

139. 恋の終わりは、自分から立ち去ること。

 

140. 恋を追う女じゃないけれど、恋もしたわ。男というのは、苦労させられた女のことは、忘れないものね。

 

141. 贅沢とは、居心地がよくなることです。そうでなければ、贅沢ではありません。
Luxury must be comfortable, otherwise it is not luxury.

 

142. 贅沢を貧乏の反対と考えている人がいます。でもそれは違います。贅沢とは下品さの反対なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました