スポンサーリンク

失恋したときに元気のでる名言 100選 |心に響く 有名人・偉人の感動する言葉

失恋したときに元気のでる名言 100選 |心に響く 有名人・偉人の感動する言葉 一覧
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今はとても辛いかもしれませんが、それが永遠に続くわけではありません。辛い気持ちは時が解決してくれるかもしれません。勇気を出して一歩前に踏み出しましょう。きっとまた、誰かのことを好きになるはずです。
ここでは有名人や偉人と言われる人物が語った失恋の名言を一覧で紹介しています。新しい恋を見つけるためのきっかけや勇気を与えてくれるかもしれません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

失恋したときに元気のでる名言 100選 一覧

 

 

1

『別れることがなければ、めぐり逢うこともできない。』

– 西洋の諺-

 

2

『始まりと呼ばれるものは、しばしば終末であり、終止符を打つということは、新たな始まりである。終着点は、出発点である。』

– T・S・エリオット – イギリスの詩人、劇作家 / 1888~1965

 

3

『二人の人間が愛し合えば、ハッピーエンドはあり得ない。』

– アーネスト・ヘミングウェイ – 米国の小説家、詩人 / 1899〜1961

 

4

『何もかもが変わっていく瞬間があります。今まで嘆いていたことが突然どうでもいいことに思えてくるのです。』

– アイリス・マードック – アイルランドの女性作家、哲学者、詩人 / 1919~1999

 

5

『恋愛は戦争のようなものである。はじめるのは簡単だがやめるのは困難である。』

– アラン・メンケン – アメリカの作曲家/1949~

 

6

『愛というものは、愛されることによりも、むしろ愛することに存する。』

– アリストテレス – 古代ギリシアの哲学者/紀元前384~322

 

7

『幸せの数を数えたらあなたはすぐ幸せになれるだろう。』

– アルトゥル・ショーペンハウエル – ドイツの哲学者 / 1788~1860

 

8

『恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。』

– アルフレッド・テニスン – 19世紀イギリスの詩人/1809~1892

 

9

『人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。それでも人に恋するのだ。』

– アルフレッド・ド・ミュッセ – フランスの作家/1810~1857

 

10

『どうしてそんなに自分を責めるんだい?誰かが必要な時にちゃんと責めてくれるんだからそれでいいじゃないか。』

– アルベルト・アインシュタイン – ドイツの物理学者 / 1879~1955

 

11

『愛する勇気がある者には、かならず苦しむ勇気がある。』

– アントニー・トロロープ – 英国の作家 / 1815~1882

 

12

『恋の火は、ときとして友情の灰を残す。』

– アンリ・ド・レニエ – フランスの詩人、小説家 / 1864〜1936

 

13

『でも、何といったって、 誰にも愛されないよりはまだ誰かに捨てられたほうがましだよ。』

– ウイリアム・コングリーヴ – イギリスの劇作家/1670~1729

 

14

『失望に終わった恋は、 次の恋に対するちょっとした免疫になる。』

– ウルスラ・アンドロス – スイス出身の女優/1936~

 

15

『心は、過去の悲しみから脱皮するもの。』

– エラ・ウィーラー・ウィルコックス – アメリカの著作家、詩人/1850~1919

 

16

『ひとつひとつの悲しみには意味がある。時には、思いもよらない意味がある。どんな悲しみであろうと、それは、このうえなく大切なもの。太陽がいつも朝を連れてくるように、それは確かなことなのですよ。』

– エラ・ウィーラー・ウィルコックス – アメリカの著作家、詩人/1850~1920

 

17

『心は、過去の悲しみから脱皮するもの。』

– エラ・ウィーラー・ウィルコックス – アメリカの著作家、詩人/1850~1921

 

18

『あやまちなどというものは存在しません。あやまちはそこから必ずなにかを学べる恵みなのです。』

– エリザベス・キューブラー・ロス – スイスの女性精神科医、作家 / 1926~2004

 

19

『暗闇を呪うくらいなら、ローソクに灯をともしましょう。』

– エレノア・ルーズベルト – 米国のファーストレディ、人権活動家 / 1884~1962

 

20

『心は壊れるために作られた。』

– オスカーワイルド – アイルランドの詩人、作家、劇作家 / 1854~1900

 

21

『いつ前に進むべきかは、自分の魂がおしえてくれるわ。』

– オプラ・ウィンフリー – 米国の女性テレビ司会者、女優 / 1954~

 

22

『自分自身を信じてみるだけでいい。きっと生きる道が見えてくる。』

– ゲーテ – ドイツの詩人、作家、劇作家/1749~1832

 

23

『失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。』

– ココ・シャネル – フランスのファッションデザイナー / 1883~1971

 

24

『愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。相手の男の重荷になるべきではない。』

– ココ・シャネル – フランスのファッションデザイナー / 1883~1971

 

25

『恋の終わりは、自分から立ち去ること。』

– ココ・シャネル – フランスのファッションデザイナー/1883~1971

 

26

『何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう。』

– フィンセント・ファン・ゴッホ – オランダの画家/1853~1890

 

27

『失恋して痩せることができるのなら、何回でも失恋したいわ。』

– コレット – フランスの女性作家 / 1873~1954

 

28

『世間に一杯いる情熱的な女で、捨てられたら死んでしまうと公言しなかったのは一人もありません。ところがそんなので今に生き永らえていない女、悲しみを忘れずにいる女は、一人もいないのです。』

– コンスタン – フランスの小説家、思想家、政治家/1767~1830

 

29

『運命を素直に受けいれなさい。』

– ジーン・シノダ・ボーレン – 日系アメリカ人の女性精神科医、作家

 

30

『失恋して痩せることができるのなら、何回でも失恋したいわ。』

– シドニー・ガブリエル・コレット – フランスの作家 / 1873~1954

 

31

『終わりのある愛は悲劇じゃないわ。 終わりのない愛こそ悲劇なのよ。』

– シャーリ・ハザード – 米国の作家 / 1931〜2016

 

32

『別れの激しい苦痛によってのみ、愛の深みを見ることができるのだ。』

– ジョージ・エリオット – 英国の女性作家 / 1819~1880

 

33

『悲しみは解ける、五月の雪のように、そんなに冷たいものなどはありはしないように。』

– ジョージ・ハーバート – 英国の詩人 / 1593~1633

 

34

『いかなるものも変化しつつあります。これは真理です。だからあなたがいまどんな苦境にあろうとも、その状態を保持する努力をしない限り、永久に続くはずがないのです。』

– ジョセフ・マーフィ- – アイルランド出身の宗教者、著述家/1898~1981

 

35

『恋は、やがて他の恋によって癒される。』

– ジョン・ドライデン – 英国の詩人、劇作家 / 1631~1700

 

36

『変わらないのは、ときめく気持ち。』

– シルヴィア・プラス – 米国の女性詩人、作家 / 1932~1963

 

37

『あつーいお風呂に肩までつかっても癒やせない、そんな悲しみがこの世にあるとは思えません。』

– スーザン・グラスペル – 米国の女性作家、劇作家 / 1882~1948

 

38

『すべての出来事には意味があるわ。生きていくこととは、その意味を理解すること。』

– スザンヌ・サマーズ – アメリカの女優・作家/1946~

 

39

『愛の原則においては、早々と失望することが、通常、回復薬として描かれる。』

– セルバンテス – スペインの小説家『ドン・キホーテ。』著者 / 1547~1616

 

40

『下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。』

– チャールズ・チャップリン – イギリスの俳優、映画監督、コメディアン、脚本家/1889~1977

 

41

『涙は肺を開き、顔を洗い、目を潤し、気分を和らげる。さあ、泣こう。』

– チャールズ・ディケンズ – 英国の小説家 / 1812~1870

 

42

『自分の全生命を女の愛というカードに賭けた男が、このカードが殺された時、がっくりとなって何事も手につかないほど放心してしまうようなら、そんな人間は - 男ではなく、ただのオスである。』

– ツルゲーネフ – ロシアの小説家 / 1818~1883

 

43

『恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。』

– テニスン – 英国の詩人 / 1809~1892

 

44

『一度も愛したことがないよりは、愛して失った方が、どれほどましなことか。』

– テニスン – 英国の詩人 / 1809~1892

 

45

『愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。』

– ドストエフスキー – ロシアの小説家、思想家 / 1821~1881

 

46

『虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ。』

– ドリー・パートン – 米国のシンガーソングライター、女優 / 1946~

 

47

『深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。』

– トルストイ – ロシアの小説家、思想家 / 1828~1910

 

48

『涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの。』

– ドロシー・ディックス – 米国のジャーナリスト / 1861~1951

 

49

『時は悲しみと口論の傷を癒す。人はみな変わる。過去の自分はもはや現在の自分ではない。悩む者も悩ます者も、時がたてば別人になる。』

– パスカル – フランスの哲学者、思想家、数学者 / 1623~1662

 

50

『愛することから始めて反感にいたるときには、愛に戻ることはけっしてない。』

– バルザック – フランスの小説家 / 1799~1850

 

51

『失恋があるからこそ、人生って素晴らしくなるのよ - ただし五年後の話だけど。』

– フィリス・バッテル – アメリカの女性ジャーナリスト/1922~

 

52

『与えようとばかりして、もらおうとしなかった。なんと愚かな、間違った、誇張された、高慢な、短気な恋愛ではなかったか。ただ相手に与えるだけではいけない。相手からも貰わなくては。』

– フィンセント・ファン・ゴッホ – オランダの画家/1853~1890

 

53

『目の前にある現実だけを見て、幸せだの不幸だのと決めてはいけない。その時は不幸だと思っていたことが、後で考えたらもっと大きな幸せのために必要だったという事はよくあるもの。』

– フジコ・ヘミング – ピアニスト/1932~

 

54

『夜になって星が輝き始めるのは、悲しみが我々に真実を示してくれるのに似ている。』

– ベイリー – 英国の推理小説家 / 1878~1961

 

55

『恋とは私たちを幸せにするためにあるのではありません。恋は私達が苦悩と忍従の中で、どれほど強くありえるか、ということを自分に示すためにあるものです。』

– ヘルマン・ヘッセ – ドイツの小説家、詩人、ノーベル文学賞受賞 / 1877~1962

 

56

『これだけは、覚えておきなさい。何もかも失ったと思える瞬間でさえ、あなたの未来は残っているということを。』

– ボブ・ディラン – アメリカのミュージシャン/1941~

 

57

『心が痛い日だってそりゃあるわ。』

– マ・レイニー – 米国の女性ブルース歌手 / 1886~1939

 

58

『女は、人生で一度や二度は、ワルい男を愛してしまうの。でもだからこそ、イイ男に出会ったとき、感謝する気持ちになれるのよ。』

– マージョリー・キナン・ローリングス – 米国の小説家『子鹿物語』著者 / 1896~1953

 

59

『弱い者ほど隣人を許すことが出来ない 許せるという事は強さの証明。』

– マハトマ・ガンジー – インドの思想家、社会運動家、政治家/1869~1948

 

60

『笑いとばせるようなことを見つければいいのよ。』

– マヤ・アンジェロウ – 米国の詩人、作家、公民権運動家 / 1928~2014

 

61

『もう一度、愛を信じる勇気を持って。そう、常にもう一度よ。』

– マヤ・アンジェロウ – 米国の詩人、作家、公民権運動家 / 1928~2014

 

62

『上手に別れられるなどということは、まったく稀なのだ。そういうのは、ちゃんとうまくいっていたら、別れたりはしやしない。』

– マルセル・プルースト – フランスの作家 / 1871~1922

 

63

『人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。それでも人に恋するのだ。』

– ミュッセ – フランスのロマン主義の作家 / 1810~1857

 

64

『愛を後悔するのは不可能です。愛の罪なんて存在しません。』

– ミュリエル・スパーク – 英国の小説家 / 1918~2006

 

65

『許すことは忘れることとはちがう。つらい記憶を水に流し、心の痛みを消すことなのです。』

– メアリ・マクロード・ブスーン – 米国の黒人女性教育者 / 1875~1955

 

66

『あなたを捨てた男のためなんかに泣いては駄目。次の男があなたの笑顔に恋するかもしれないでしょ。』

– メイ・ウエスト – アメリカの女優/1893~1980

 

67

『恋が強烈でないのは恋の自然に反しており、恋が変わりなく続くのは、強烈であるべき恋の自然に反している。』

– モンテーニュ – フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592

 

68

『深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。』

– レフ・トルストイ – ロシアの小説家、思想家/1828~1910

 

69

『誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい。。』

– 映画 『イルマーレ。』-

 

70

『大切なのはどれだけ相手を愛するかではなく、 相手にとって自分は何かを知ることだ。。』

– 映画 『偶然の旅行者。』 –

 

【日本人の有名人】 – 失恋したときに元気のでる名言 100選 一覧

 

71

『恋の悲しみを知らぬものに恋の味は話せない。』

– 伊藤左千夫 – 詩人、小説家/1864~1913

 

72

『間違った恋をしたけど、間違いではなかった。』

– 宇多田ヒカル – 日本の歌手 / 1983〜

 

73

『失恋って、当の本人は苦しい苦しいと言っているけれど、本当は終わった恋をいつまでも思い出して楽しんでいるようなところがあると思う。本当に苦しいなら、一秒でも早く忘れる努力をするはずだから。』

– 宇野千代 – 小説家、随筆家/1897~1996

 

74

『いつだって愛はどちらかの方が深く、そして切ないものだ。』

– 岡本太郎 – 芸術家/1911~1996

 

75

『われわれを恋愛から救うのは理性よりも多忙である。』

– 芥川龍之介 – 小説家/1892~1927

 

76

『愛されたい」ために相手の男性の好みにあわせ、その結果として自分自身をゆがめてしまう恋愛においては、女性はけっしてきれいになることはできません。』

– 叶恭子

 

77

『恋の味を痛烈に味わいたいならば、 それは片思いか失恋する以外にないだろう。』

– 亀井勝一郎 – 文芸評論家/1907~1966

 

78

『この世で経験することは、なに一つ空しいものはない、歓びも悲しみも、みんな我々によく生きることを教えてくれる。』

– 山本周五郎 – 日本の小説家/1903~1967

 

79

『恋という奴は一度失敗してみるのもいいかも知れぬ、 そこで初めて味がつくような気がするね。』

– 若山牧水 – 歌人/1885~1928

 

80

『思い出が悲しいのではない。思い出を美化するから悲しいのだ。』

– 秋元康 – 日本の放送作家、作詞家、プロデューサー / 1958~

 

81

『別れる時にはもう次の恋が始まっている。』

– アントニオ猪木 -日本の元プロレスラー、政治家

 

82

『男女の仲というのは、夕食を二人っきりで三度して、それでどうにかならなかったときはあきらめろ。』

– 小津安二郎 – 日本の映画監督、脚本家 / 1903〜1963

 

83

『恋を得たことのない人は不幸である。それにもまして、恋を失ったことのない人はもっと不幸である。』

– 瀬戸内寂聴 – 日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~

 

84

『枯れない花はないが、咲かない花はある。』

– 西尾維新 – 日本の小説家、漫画原作者 / 1981〜

 

85

『女の子が成長するのは片想いより失恋。』

– 西野カナ-

 

86

『なんとなく好きで、 その時は好きだとも言わなかった人のほうが、 いつまでもなつかしいのね。 忘れられないのね。 別れたあとってそうらしいわ。』

– 川端康成 – 小説家/1899~1972雪国」より

 

87

『別れる男に、花の名を1つ教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。』

– 川端康成 – 日本の作家 / 1899〜1972

 

88

『あなたを振ったその人は、運命の人に会う為の案内人。』

– 浜崎あゆみ-

 

89

『世界には何十億人と女がいるというのに、たった一人の女に振られたってだけでそんなに落ち込んでどうするんだ。もっと素晴らしく、お前を愛してくれる女はいくらでもいる。巡り会えていないだけだ。』

– 北野武〜

 

90

『人知るもよし、人知らぬもよし、我は咲くなり。』

– 武者小路実篤 – 日本の小説家、詩人、劇作家、画家 / 1885〜1976

 

91

『何とも思われないよりは嫌われるほうがマシ、好きに変わる可能性が残っているから。』

– 明石家さんま –

 

92

『どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では
『日にち薬(ひにちぐすり)。』と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです。』

– 瀬戸内寂聴 – 日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~

 

93

『めげないめげない。なにがあってもめげないこと!人生色々なことがあるけど、それが自分の引き出しになっていくんだなと思います。』

– IKKO –

 

94

『大丈夫、大丈夫、いつかはここを抜ける日がやってくる。』

– よしもとばなな – 日本の女性作家 / 1964~

 

95

『忘れること、それが最上の治療法であり、恋人との愛をつなぐエチケットです。』

– 宇野千代 – 日本の女性作家 / 1897~1996

 

96

『この世で経験することは、なに一つ空しいものはない、歓びも悲しみも、みんな我々によく生きることを教えてくれる。』

– 山本周五郎 – 日本の小説家 / 1903~1967

 

97

『人生にはいろいろなことがあります。しかし、悲しいことは忘れ、辛いことはじっと耐え忍んでいきましょう。それがこの四苦八苦の世を生きる唯一の方法ではないかと思います。』

– 瀬戸内寂聴 – 日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~

 

98

『別れることがなければ、めぐり逢うこともできない。』

– 西洋のことわざ -恋の終わりは、自分から立ち去ること。』

 

99

『どんな悲しみに出会っても、それでも人生は生きるに値する。』

– 村山由佳 – 日本の女性作家 / 1964~

 

100

『女性が綺麗になる方法は二つあります。「いい恋をすること」と「悪い恋をやめてしまうこと」です。』

– 浜尾朱美

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
一覧名言・格言
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KOTONOHA ウェブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました